« MR.BRAIN 第一話 | トップページ | 信賞必罰 »

*あんめえ

「しゃーあんめえ」は「しょうがあるまい」という意味での「あんめえ」とかもあるが

単純に「あんめえ」となると遠州では

「雨」と「甘い」という二通りの意味に取れる。

「飴」とか「編め」を「あんめえ」とは言わない。

「飴」だったら「あめえ舐めるけえ」みたく「あめえ」とは言うがそれとて実は「飴を」と言ってるだけで「飴」は「あめ」である。

 余談だが「甘い」の「あんめえ」は何とか食べられる許容範囲で「どあまい」・「馬鹿あんまい」とかは許容外で食べられないレベルを指すことが多い。

「あまあ」という言い方もあるがこちらは「甘い」のみを指し「雨」を指すことはない。

例文1

「これどうよ。」

  (味見して。)

「あんめえ。まあちっと塩入れた方がよかあないけえ。」

  (甘いな。もう少し塩入れたほうがいいんじゃない?)

例文2

「外天気どう?」

  (外の天気はどうなってる?)

「あんめえ降ってるで、まだ外出ん方がいいらあ。」

  (雨が降ってるからまだ外に出ない方がいいよ。)

「だあだあけえ。」

  (どしゃ降り?)

「いや、ぼちぼちだけど傘なしじゃかんら。」

  (いや、ぽつぽつだけど傘なしじゃ駄目だろ。)

|
|

« MR.BRAIN 第一話 | トップページ | 信賞必罰 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45081572

この記事へのトラックバック一覧です: *あんめえ:

« MR.BRAIN 第一話 | トップページ | 信賞必罰 »