« 名探偵の掟 その3 | トップページ | ぼくの妹 その6 »

*ちいと

ちょっと・ちょいととかいう意味。関東系というか江戸の時代劇に出てきそうな表現であるが遠州ではまだ普通に使われている。逆に遠州では「ちょいと」はあまり使わない傾向にあると思われる。

「ちっと」という表現も同じ頻度で使われるが意味的には違いが殆どなく使う人の感性の問題であろう。多少「ちいと」という方が間延びした印象を受けるのでのんびりした感じになり「ちっと」の方がそそくさとした気ぜわし感がある。

他にも「ちびっと」・「ちょびっと」という使い方もあるがこれを混ぜて比較するとややこしくなるので省略する。

例文

「ちいと出かけてくるでねえ。」

「どこ行くよを。」

「すぐ帰ってくるで。めしのこいといてよー。」

「待ちゃへんでねえ。」

「待たんくてもええけどのこいといてよを。」

|
|

« 名探偵の掟 その3 | トップページ | ぼくの妹 その6 »

1-2・遠州弁ち行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名探偵の掟 その3 | トップページ | ぼくの妹 その6 »