« *わしけえ? | トップページ | ぼくの妹 その4 »

*ほい・ほれ

掘れとか言ってるわけではない。遠州弁の特徴といわれる「だらだにだもんでほいほれやあ」の中の「ほい」・「ほれ」という表現のこと。

共通語で使われる「なんじゃらほい」や「ほほいのほい」とかいうのとは違うような気がする。同じかもしれないが。

「ほれみっせー」(それみたことか・いわんこっちゃない)

「そりゃあほいあれだにい」(そりゃあ、うん、あれだよ)(それは、そう、あれだよ)

男女共用の表現であるが基本女性言葉の比率が高く特に「ほい」はその傾向にあるような気がする。

「ほい」は以前にも記事にしたので「ほれ」を主に述べると

よく出る使い場所は、単語がでてこないとか適切な言葉がみつからない時などに無意識にでてくる意味のない言葉であることが多い。名前とか言葉が出てこないけど言わなくても分かるでしょみたいなニュアンスもある。

例文

「そりゃあほれあれだって。」

  (それはさああれよあれ。)

「なによをあれって。」

  (あれってなに?)

「あれなんつうだったっけやあ。度忘れしちゃったやあ。」

  (なんて言うんだったっけ。度忘れしちゃった。)

「あれじゃ分からんて。」

  (あれじゃあ分からないって。)

「ほれ。こないだ一緒にスーパー行った時のを。」

  (ほらあこの間一緒にスーパー行った時の事。)

「人違うにい。最近わしあんたと行ってもしんにスーパーなんか。」

  (私じゃないよ。最近連れ添ってスーパーなんか行ってないじゃない。)

「んなんことないよを。ついこないだ行ったじゃん洗剤とか安いでって。」

  (そんなことないって。行ったでしょついこの間洗剤とかが安いからって。)

「がんこ前ん話しじゃん。いつの話ししてるよを。」

  (随分前の事じゃない。古いよ。)

「そんな前だったけか。どうりで覚えちゃいんだあ。よかったやあ自分ボケたかと思って心配んなっちゃった。」

  (そんな前だったっけ。どうりで覚えて無い訳だ。ボケが始まったのかと心配になっちゃった。ほっとした。)

「で、なによをあれって。他に言い様ないだけ?」

「だもんでね・・・」以下「はあええ」(もういい)というまで延々と続く

|
|

« *わしけえ? | トップページ | ぼくの妹 その4 »

1-2・遠州弁ほ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44939736

この記事へのトラックバック一覧です: *ほい・ほれ:

« *わしけえ? | トップページ | ぼくの妹 その4 »