« ゴッドハンド輝 その4 | トップページ | *くれまわすという表現 »

*あっためる

些細なことではあるが、共通語は「あたためる」というところを「あっためる」と言う事が遠州では多い。

「あたため」という場合も「あっため」ということが多い。

より遠州弁的にグレードアップする場合は「ぬくとめる」・「ぬくとめ」と言う。ただしイコールではなく温度差で比較すると個人差はあるが私の感覚だと

ぬくとい<あったかい<あつい<どあつい<馬鹿あつい<ちんちん<殺す気か=死ぬに

という風になる。又、あたためるということなら

ぬくとめる<あっためる<あつくする<ちんちんにする<燃す・煮る

という感じであろうか。

コンビニなんかで流石に「ぬくとめますか?」と尋ねる店員さんはいないが「あっためますか?」と尋ねる店員さんはいる。共通語では「あたためますか」なんだろうけど他人行儀な感じがする。

余談だがコンビニであっためて貰うと熱過ぎで容器が変形する時もありここは「ぬくとめる」程度にして欲しいという願望はある。

例文

「はあしんどいで料理(買い物)するのめんどっちいでなんか残りもんあっためてよしにするかあ。」

「遊び過ぎたでの。まあしょんねえかあ。いまさら外出すんのもなあ。」

「あ、やばい。冷蔵庫になんも残っちゃいんわあ。」

「え~随分じゃんどうせすよお。腹減ってるだにい。おにぎりでいいわ。米わあ?」

「米も炊いちゃいんもん。キャベツかじるけ?」

「勘弁しろやあ。」

「ほいじゃなんか頼ますかあ。」

「そうせるか。」

「なに頼むよを。」

「ちゃっと喰えりゃなんでもええわあ。」

「あんた幾ら持ってる?」

「なんで?わし今日スコンクだったじゃん。おけらだでだいといて。」

「いやなにい随分じゃん。わしも今日一緒だったじゃんかあ。」

「なによをふたりしてすっからかんけえ。ホントなんもないだけ。」

「冒険せる気あるなら賞味期限の切れたのあるけど。」

「しょんねえなあやあ。はあええわ。もをふてくされて寝るで。」

「そんなちんぷりかあらんでもいいじゃん。」

|
|

« ゴッドハンド輝 その4 | トップページ | *くれまわすという表現 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44866064

この記事へのトラックバック一覧です: *あっためる:

« ゴッドハンド輝 その4 | トップページ | *くれまわすという表現 »