« ゴッドハンド輝 その6 | トップページ | *なほる »

アルカナ その5 悦があるかないかは人次第

 その4記事は愚痴っぽいことばかりになってしまったので封印して、さあ2度目の転生だ。いざ楽しまんと意気込んでいたらもうレベル40に到達してしまった。あまりのサクサク感が気持ちよくて調子乗りすぎました。この勢いじゃ直ぐ60に行ってしまいそうでメモしてる間がなくなりそうなのでささっと書いとこう。

現在レベル40。とりあえず場数を踏んできているので装備については転生されたことのない冒険者よりも優位に立てたのであろうか。結構上位を喰うことが出来て快感でありました。装備内容はクギバット+5・力の腕輪・ミスリルアーマー+5でレベル1~30台まで不自由なく過ごせました。いずれも装備制限がないのでレベル1から直ぐ使えますからいいですわ。特にクギバットは重宝します。こんな便利なら強化してより強力にして愛用しようとか思ったんですけど強化は+5までしか出来ないんですね残念。羽織袴も強化できないみたいですし。カードの方は微塵切り2枚で過ごしました。なにせカード後生大事に上位レベルのカードを持っているんでレベルにあったものをその都度買い足してってのが出来ないんですわ。捨てられない(売りたくない)のがもう29枚なんでゲットしたら即売りにいかないとなんでクエストにいけないんですわ。宝箱(カード)拾えないってのはなんかもったいないことしたみたいな気になるもんで。まあ保有してるカードはレベル120超えてからでないとどれくらいの効力があるのか分からないのが多数なんで本当に必要なのかどうかは不明なんですけどね。

やっぱレベル20台は楽しいな。誰と当たっても経験値貰えるから相手を選り好みせずに済むから。30の後半からは相手を選ぶようになったからもう楽しい絶頂は過ぎたのかも。もっともポイント転生したご褒美として大層貰ってるから実質のレベル数よりかは上なんだろうけど。この差はやっぱりでかいのだな。

とにかく効率よく巡ろうなんて気はさらさらなく。こういう時でしか絶対訪れる機会がないであろう所でその新鮮度に感化されてみたい。自慢ばかり報告してると不平不満とかはクレーマーと化してて憂さ晴らしてるのかなとも思えてきて。かえってぐちぐちなんか書いてる人の方が現実社会では堪えている分ここで吐き出してるのかなとも思えてきて分かるような気がしてきますですな。大抵は炎上する所って自慢げに謳い上げてるもんだからなあ。弱気な発言してる所でファイアーショーなんてまず見ないし。自分も気をつけよう。

あ、ちなみにその4は何を愚痴っぽくなったのかというとですね、重たいブログのことと性別♀とばかり戦うのはなんだかなあということです。決してゲームそのものの愚痴ではござんせん。

追記

5/16、レベル50台に突入。それにしてもひしめきあってるよなここいら辺は。確かに40の後半くらいからサクサクとはレベルが上がらなくなってくるからしんどくなりつつあるんだろうけど、70からの苦行100越えてからの相手探しの難儀さからすればどうってことない。20台で成長が止まった人とかの頭の中は分からないけれど50辺りで停滞してる人は忙しくて腰を据えて出来ないか成長度合いが鈍くなってきて嫌気が差すのかどっちかなんだろうな。これくらいでめげてたらオーバー100の世界で暮らすのはまず無理でしょうに。

まあこちらとしては一番色んなところに行けるレベルエリアなんで楽しいんですけどね。

 さあ60に突入だ。ここからは感覚的なものであって実際にはそういうことにはなってはいないんだろうけど紛れが殆どないレベル差通りの勝ち負けになるからしんどくなってくるんだよな。それだけに格下に負けると育て方間違えたかしらむと不安になってきたりもして迷いが生じてくるクラスだよな。ある意味可能性よりも未来が見えてくると言うかお先が知れるというか。80くらいになれば開き直っていけれるんですけど。

で、やはりスカは身に沁みる。最後双方MP足りなくての直接攻撃がスカしっぺばかりしてると子供の喧嘩見てるみたいでうっとおしくなりますな。攻撃が当たって「うぎゃ」っとなる画と攻撃避けて「えへっ」っていう画とかがあればまだ変化があって見てられるんだけどな。

一日一時間やって何らかの成果が得られることになれば張り合いも出るんだろうけど60辺りになると一時間じゃ欲しいお宝ゲット出来るくらいしかないのがしんどいのかな。この50~60辺りはなんか停滞感というか放置感が漂っていなくもない。気のせいかしらむ。

レベル70~80は魔法使いが多いような気がするのは気のせいか。

5/18、さあレベル70に突入。いよいよ苦行が始まるのかと思うとちょっと・・・ですな。80の後半から90くらいまではなんかしらんですが自分と同じ戦士系の対戦が多くなるような錯覚があってこれがまた自分は弱く太刀打ちできない。先手必勝で魔法使いが魔法繰り出す前に倒して経験値稼ぐタイプとしては不意打ちが致命傷に至らなく返り討ちにあう同系統との戦いは得意ではないのです。

ところでサンサーラのカード。採りに行きたいんだけれど現在カード保有数29枚。もし最後の番人さんに遭遇する前にモンスターと闘って宝箱(カード)が出現してしまったらカード満杯になってしまって採れない可能性があるというのは困った。

5/22、相も変わらず魔法使いさんという寝た子を起こすことなく魔法放たれる前の寝込みを襲って経験値を稼いでいる訳ですが戦士系には全く歯が立たなくなってきたのが顕著になって参りました。もう堅くてね。崩しようがないですわ。おまけにほぼ2撃でお陀仏ですから。こっちが5~6撃当たらないとまず無理なんで。

5/24、気づいたらレベル90台に乗っていた。獲得経験値にボーナスがつくようになったのが楽になったのか全体的に冒険者のレベルが上がって来ていて対戦相手に事欠かなくなったのかはしらねども結構サクサク感がありますな。

それにしてもバンパイオメイルに身を包みドラグブレイカー振り回しのいでたちのキャラと出遭って真空斬々波や牛さん突進なんか放たれた日にゃあ即刻退散ですわ。今のところこの装備が最強なのかな。画的に好きじゃないので自分は真似しないけど。とにかく勝てる気がしない。

5/25、そろそろ同じとこをぐるぐると巡り始めた。しかし幾つものキャラを同時に育ててる人が沢山おらるるのは驚きですな。労力気力は尊敬に値しますがやり直しがきかないのが現実だと思うのでひとつのキャラで失敗も受け入れつつ苦楽を共にする方が自分と二人三脚っぽくて愛着湧くと思うのは変なんですかねえ。

5/28、レベル100台に乗りました。獲得経験値が大幅増量して頂けた結果というのが大きな要因でありましょうがそういうレベルに達しておらるる人も増えたんじゃないのかなとも感じますです。

次の転生の事を考える前に未踏のエリアに足を踏み入れたら何が出てくるんだろうという期待感の方が今はありますな。上限まで往かず次のステップに転生されてかれる方も結構居られるようですが私は130に到達してみたい。

5/30、とにかく対戦したくない相手のパターン。「バンデミック使い。」ひたすら長く感じて参る。「ニュータイプ・第三の目・ギガヒールを使い捲くってくる奴」これもひたすら無意味に長いと思えてくる。このタイプが現れたら勝負云々じゃなく早よ終われと願うしかない。

6/4、115の壁を越え未知なる領域に。といいたいところだが120にならないと装備できないものばかりで、ただただ日に日に増えるレベルアップの為の年貢(経験値)を納める量が増してより重圧となって重くのしかかっているくらいなもので後はなにも変わっていない状態。

ところで今週になってからアルカナ対戦でお越しの方の国籍が圧倒的に日本でない方ばかりと言う現象に至っている。スッチャーデスさんみたくに国内線から国際線に担務替えにでもなったのかしらむ。別に希望勤務地とかの申請はしてないのだからどこ飛ばされようとも異議は申し立てられないのだけれども。私のブログは方言を扱っており正しい日本語では決してないので海外の方には害にしかならない気がするので気が引けますな。

しかし「霊刀 雫」もう出ないんでしょうかね。「手裏剣」でもいいんですけど出ませんわ。

6/6、「手裏剣」が出ましたんで暫く忍者モードで励もうかと。ところで120超えました。ついにただ持ってただけの装備品・カードを共に試すことが出来るようになりました。結果としてはカードについては今のステータス配分だと意味無いものばかりになりそうでやはり真空斬々波が相変わらず主力であることに変わりなしという状態です。相変わらずといえば未だに一撃でお陀仏喰らう事が多々あるということも相変わらずです。命中率を犠牲にして防御力を今回ひたすら上げたのにも関わらずこちらのマタドールは空振りばかりなのに相手のマタドールには一撃で終いというのはなんだかなあです。空振りの見返りとして即成仏にはならいでないと割りに合いません。次の転生においては攻撃力ばかりに割り振ってあとは今の半分の数値でもいいやということに挑戦してみますか。

6/7、え~魔法使いさんの気力をだめだこりゃと根こそぎ削いだ真空斬々波。試しに外して他のカード装備して旅に出てみました。確かに使った方が便利ですな。発生率命中率破壊力共に安定してますもの。突出して優れてる訳じゃなく装備してなくてもレベル下相手には勝率は対して変わりないのだけれど安定感が違いますね。あと他のカードって相手が自分よりレベルが低いと弱いものいじめ的に多く発生してしかもこてんぱんな威力だけど上のレベル相手だと中々発生しないのですが、真空斬々波だけは誰に対してもほぼ同じくらい発生してダメージを与えてくれる印象がありますね。もちろんあくまで印象の話しで根拠はないですけど。とにかく外して他のカードで闘うと今まで勝ったり負けたりの勝負してた相手に必敗してることは確かです。一応忍者のコスチュームなんで桜吹雪にかまいたちの画は忍法っぽくって画になるんだけれどこれだけ評判悪いと使うのに気が引けるので暫くは使わないようにしていこうかと。

ところで土日で気合い入れてるんですけど長々やってると獲得経験値が「0」ってのが連発。そりゃ殺生ですぜお代官さま。勘弁しておくんなさいまし。でもなんで?理由が分からないのがえげつないですな。一日の戦闘上限回数が設定されてるというのならどこかで明記していただかないと骨折り損のくたびれもうけでんがな。こちとら江戸っ子じゃねえもんでけつ捲くるような真似あしませんが、それにしたってすっきりしませんがな。

6/8、背に腹はかえられぬ。対戦相手が絞られてきてもうかっこつけてられないので真空散々は~を装着して目指せいざ130へ邁進とす。

6/9、微糖ショコラに歯が立った。とは申せ勝ったり負けたりではあるが。それにしても自分は弱い。125になんなんとしてるのに今だレベル100に負けたりもする。これは本当にショックがでかい。相手から仕掛けられた対戦にいたっては勝率20~30。これはもう典型的な寝込みを襲い反撃に弱いタイプ。まあ忍者なんてそんなもんさと哀愁こめて言うしかないのだが。たとえ勝ったとしても経験値1しか獲得できない相手に敗北を帰すというのは諸行無常の響きあり。

レベル50の相手を倒したら50貰えるとか、レベル通りの経験値貰える様にしてくれれば相手探しの苦労も少しは楽になるのになと思わないでもない。

6/12、結局「霊刀 雫」は手に入らなかった。忍者アイテムとして欲しかったんだけれどもうゲットできなくなっているんだろうか。真空散々ハ~ももう最近は全くでないし。

|
|

« ゴッドハンド輝 その6 | トップページ | *なほる »

4・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45005420

この記事へのトラックバック一覧です: アルカナ その5 悦があるかないかは人次第:

« ゴッドハンド輝 その6 | トップページ | *なほる »