« スマイル その4 | トップページ | あけない夜はアルカナ »

湯けむりスナイパー その5

 なんかほんわかします。大人のメルヘンというべきでしょうか。おっぱいが出て来ても日常のひと光景であり欲情とは縁のない普段にさえ映ります。こういう生活感を伴うおっぱいってロマンポルノ見てるような感じがしてきます。

主人公は過激な過去ではありますがそれを除いて閉塞した日常からの脱出と考えればやはり会社勤めとかしてたら憧れというか一度はやってみたい欲に駆られる夢想話しでしょうからこのドラマは野郎のメルヘンなんだろうなと。

多くを語らず結論を出さずただ時間が流れていく感じの余韻がほんわかしてくる要因なんでしょうか。

今回は幽霊の正体見たり過去の影といった風情と情けは人の為ならずという勢いの二本立てでありました。

どちらも悦なんですがやっぱ後の社長さんが清くてよかったですわ。プロの鏡たるトモヨさんもあねさんとしてかっこよかったです。捻りも無く大変シンプルなお話しですけどシンプルイズベスト。直球が壷にど真ん中って勢いでした。お辞儀はやはり感謝の気持ちを伝えるものだと改めてそれが美しいことだと思いました。

多くをぐだぐだ書くのは野暮に感じてくるくらいシンプルですけど心に沁みてきますです。

ホント質素ですけど奥が深いというか感慨が深いというかとにかくこの余韻が魅力です。原作のネタがどれくらいあるのか知らないんですが長く続いてくれると嬉しいドラマです。

|
|

« スマイル その4 | トップページ | あけない夜はアルカナ »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44947885

この記事へのトラックバック一覧です: 湯けむりスナイパー その5:

« スマイル その4 | トップページ | あけない夜はアルカナ »