« 木枯らし紋次郎 | トップページ | 名探偵の掟 その2 »

スマイル その3

 この日は紋次郎命だったんで今回は録画したのを軽く炙る程度の浅い観方しか出来ていないんで勘違い見間違いなどの粗相がありましたらごめんなんしょ。

 非常に斜に構えた言い方ですけど、愚痴なしの花の・・・って花(新垣さん)は言葉を発せられないんだから文句たらたら言いようが無い訳でありまして。だからこそのその振る舞いは清く映るんでせうか。いやいや個人の資質だと思いますよそういうのはという意見も確かにですけど。

しかしながら口は災いの元と申しますので多分そういう部分も大きいと思います。情報が多く伝わりすぎると人は相手に対して思い遣る力が減少するもんなんでしょうか。うまく伝わってこない分判ろうと努力するもんなのでしょうねきっと。ビトは懸命に知ろうと努力してますから。でも積極的なお人です花さんというお人は。一途というより真一文字という勢いを感じます。何がしかの曰くがあって生き急いでいるんでせうか。

 ところで今回はなんか蛇の生殺しみたいでいやったい嵐の前の静けさ(色々騒々しいことはあったけど)というより停滞という勢いで決して愉しくはなかったですね。差別はやはり醜いし。ビト(松本さん)と花の関係性の深まりといったものが唯一の光明だった印象でありました。このふたりだけ観てると和むんですけどね。

信頼すべき官たる検察や警察が担当者の個人的感情で蠢く様はドラマという作り事とは言え「ええんかい」とつい思ってしまいがちです。これが現実なんだということであるのかもしれないですが犯罪の抑止力とか平穏な社会に繋がる画づらではなくむしろ頼るべき物の信頼を失墜させるかのようでもあります。これを観て真に受ける(現実もこんなもんさと思う)奴はいないんだからというのかこれが現実なんだよといってるのかは分かりませんが、一度でも悪さした奴には更正しようがしまいが生涯こういう目で見られるんだぞということなんでしょうかねえ。とにかく気持ちのいい画ではありませんです。暗い影を落とすのはあくまで悪党であって官は目配りが足りなくてその怠慢さから庶民は往生してるという図式の方が安穏として観れるんですけどね。タイマンで今度こそ一泡吹かせてやるというのは「たいまん」違いでしょうに。

このドラマはなにを追っているんでしょうかねえ。世の中の歪みを訴えかけてるのか人の再生なのか赤い糸で結ばれたふたりのラブストーリーなのか。まだよく分かんないです私には。なにしろ一馬(中井さん)も花も私には謎だらけの不思議ちゃんですから何をしたいがために今何をしようとしてるのかちんぷんかんぷんなんで。それが味噌じゃないかといわれればそれまでなんですけど。

とりあえず、一馬は外国人に対してなんらかの負の意識を持っているってのはこの回でわかったような気がしました。そうなった理由は分かりませんが。花も自分にとっての安住の地を有していない人間だというのも分かりました。この騒乱に巻き込まれてしまう町村フーズが皆の我が家となってくれるのを期待したいところなんですがどうも「たいまん」のターゲットにされてるようで期待通りにはいかない雲行きにも映ります。どこまで引き摺り堕とすおつもりなんでしょうか。

個人的には官という組織の腐った部分を敵に回し堪える構図というのは好きではないところです。後はもう小栗さんに頑張って貰うしかないのではと。

|
|

« 木枯らし紋次郎 | トップページ | 名探偵の掟 その2 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44785687

この記事へのトラックバック一覧です: スマイル その3:

« 木枯らし紋次郎 | トップページ | 名探偵の掟 その2 »