« *うそこけ | トップページ | *どっさぶい・どさぶい »

魔法のおばあちゃんになりたい

資生堂「アクアレーベル」のコマーシャル。

セリフを要約すれば「陽の光に負けずいつまでも綺麗でいられる魔法のおばあちゃんになりたい」

久し振りに「言葉」で振り向いてしまうインパクトのあるコマーシャルでした。

望みは最果てを知らず。辿り着くこと能ずとも。ただ黙々と日々努力するのみ。それをこの化粧品が手助けいたさんとといった趣がありますな。

これを使えばそうなるとは一言も言ってないんだから決して商品を誇大に謳ってる訳ではないし、それに無茶ゆうなと誰でも分かるという程度のよさもいいですね。もっとも、なれる訳ない願望だっていう誰も信じない法螺のサイズはかなりデカイですけど。久し振りな「大きい事はいい事だ」でしょうかね。明るい感じが広がっている勢いです。

可愛い嘘というよりも壮大な野望といった感じでしょうかね。無理な相談でも「宮澤りえ」がおちゃめに言うと洒落になるって感じでしょうか。もし野望抱いてそうなお方だと魔女みたいに見えちゃいますから。

当たり前ですが私男なんでコマーシャルが気に入ったからと言って売り上げに貢献出来るわけではないんですけどね。久し振りに「物は言い様」ナイスなフレーズでありました。

追記

コマーシャルをよく聞くと

「魔法のおばあちゃん」ではなく「魔法なおばあちゃん」

とおっしゃられておられました。でもなんでしょうよくよく考えると「魔法な」ってどういう意味なんだろう。魔法=奇跡で奇跡というところを魔法に置き換えたのかなと思ってたんですが「奇跡のおばあちゃん」なら分かるんですけど「奇跡なおばあちゃん」はどうなんでしょね。「奇跡的なおばあちゃん」だと分かるんですけどね。

もちろんこんなんでコマーシャルメッセージの質が下がるとかいうことはないですけど。

|
|

« *うそこけ | トップページ | *どっさぶい・どさぶい »

2・コマーシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44657457

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法のおばあちゃんになりたい:

« *うそこけ | トップページ | *どっさぶい・どさぶい »