« *しいらんやあ誰んゆったよそんなの | トップページ | 4月のコマーシャル »

無知文盲

物を知らないし字も読めんということで要はこけにする表現であろう。ものを知らないのにも程があるという呆れた様を評する言葉という感じがするので、自分を卑下する表現で使われてたかというとそういう使い方は記憶にない。

馬鹿にするとかいうレベルには思えないので全否定に近い執拗さを感じる。

どういう使い方をしても侮辱的になるので今の空気読みショーを美徳とするか一切関わらないという極端な二者択一な世界では使い道がないのだろうけど、私が小さい頃はそれなりに頻繁に日常会話の中で使われてたような記憶がある。

我が国は義務教育が徹底しているのだから文字通りに字が読めないとかいう人はおらず「白髪三千丈」並みの誇張表現ということで使ってた筈。なんか少し頭働かせれば分かるだろうにみたいなホントしょーもないことをしでかした奴を指して言う表現といった使い方だったか?ある意味聞く耳を待たない的なニュアンスとしても使われてたような。

決して「無知文盲」だからあいつは出来ないとかいうとかいう使い方はしていなかったような。予測ではなく起きた結果の理由というか原因というか。まあ卑下する表現であることに相違ないので言われた方がもしそう言われた事に気づいたらいたく傷つくので所詮陰口でしか使われないだろうけど。いい意味での使い方なんてあるんだろうか。

「何であんなことあいつしたんだ?」

「しょうがねえよあいつ無知文盲だもん。悪いことだと知らずにやったんじゃないの?」

みたいな使い方であろうか。もうこういう使い方はしてないな。人のことを言えた義理じゃないのにね。

どちらかと言えば今は

「無恥聞妄」恥を知らず妄想に聞き耳をたてるみたいな。なんて当て字の誤った表現の方がアリっぽい。

それとも「無恥悶々」か?欲望のままに社会性を無視して生きている輩とか。

|
|

« *しいらんやあ誰んゆったよそんなの | トップページ | 4月のコマーシャル »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44720594

この記事へのトラックバック一覧です: 無知文盲:

« *しいらんやあ誰んゆったよそんなの | トップページ | 4月のコマーシャル »