« 狂歌明日か浅ってか その1 | トップページ | *あたあたで絶対言えない早口言葉 »

*ぱあぷう その2

遠州独特とは思わないがここいらへんでも使われているということで記載。

全国的にどう使われているのかは知らないが遠州では扱いが微妙な表現ではある。おちゃらけにも聞こえるし中傷にも受け取れるし。当然だが知己でない人に使えば悪い結果にしかならない。

多分であるが、「ぱあ」と「ぷう」で構成されている言葉と推察される。

「ぱあ」とは、全てがパアになるという「ぱあ」(おじゃん)というより知能がパアといった「ぱあ」(抜け気味)という印象が強い。当然じゃんけんのぐう・ちょき・ぱあの「ぱあ」ではない。

「パア」の使い方は他には「ぱっぱらぱあ」とかくらいか?あまり遠州では「馬鹿」ほど頻繁に使わない。

「ぷう」に関してはよく分からない。なんかを膨らますといった印象を与える表現なので邪推だが「ぱあ」が膨らんでるといった感じであろうか。

言ってる側からすれば場を和ます「おちゃらけ」(冗句)のつもりであることが多いが言われる側はあまりいい気はしない。よっぽど「馬鹿かあおんしゃあ」といった「馬鹿」表現の方が言われた方は後引かずにすっきりするのが遠州人である。

傷つく度合いでいうと個人差はあろうが、やあぱあぷう>あほかあ>馬鹿かおんしゃ。

つまりなんだろうね。ホイミとかいった回復系(冗句)を唱えたつもりがゾンビ系には攻撃(中傷)呪文になってしまうみたいなものだろうか。

人はそれぞれコンプレックスを抱えて生きてる以上、他人からは想像できない意外なところで痛みを感じることがある。そういうところに「ぱあぷう」呪文を唱えてしまうといい結果にならない訳で。そんなこんなで使い道が難しくむしろパルプンテ系の呪文(表現)と言えなくもない。

とりあえず一回だけの失敗とかボケに対して使うというより恒久的にまたかって感じの時に使われることが多いような気がする。平和的な使い方で言うと同じギャグを何度も使う相手に対するうんざり気味なツッコミの表現として使われるのが平和的か。ただし有名人が言ってもしその影響力から流行ったりなんかしたら洒落にならないが。

例文については会話調だと中傷表現と解釈されても困るので遠州弁かるた案から手を加えて

  おんしゃなあ ぱあぷうかあ なんで迷うだ この道で

               ただまっつぐ進みゃあ 済むこんじゃんかあ

|
|

« 狂歌明日か浅ってか その1 | トップページ | *あたあたで絶対言えない早口言葉 »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44531424

この記事へのトラックバック一覧です: *ぱあぷう その2:

« 狂歌明日か浅ってか その1 | トップページ | *あたあたで絶対言えない早口言葉 »