« ぼくの妹 その2 | トップページ | 祭りが近い »

*あたじけない

「あたじけない」けちだ。あつかましい。という意味。流石に遠州でも使われていない古語。いつ頃まで生きてたんでしょうね。

なんとかして、かるたに取り込められないかと考えたが出来なかった。

「買って帰る客はかたじけない

試食だけして帰る客はあたじけない

ごねてただじゃ帰らん客はいただけない

来もしない客は客とも呼べずあじけない」

ってどこに遠州弁とコラボしとるんじゃあ。

無理矢理こじつければ

ケチは「どけち」

あつかましいは「どずうずしい」

と深い意味もなく「ど」をつけることが遠州弁では多いのが特徴か。なんてね。

とりあえず遠州弁に直すと

「買ってく衆にゃあありがとねえでえの

試食だけして帰るっつうんはどずうずしいらあ

ごねくりくさる奴ぁホントばかっつらだにい

きもしんもんは客たあ言えんくつうらいのえ」      

|
|

« ぼくの妹 その2 | トップページ | 祭りが近い »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44619787

この記事へのトラックバック一覧です: *あたじけない:

« ぼくの妹 その2 | トップページ | 祭りが近い »