« BOSS CASE1 | トップページ | スマイル 第1話 »

*ほしたらやあ

それじゃさあと云う意味。「ほいたらやあ」という表現もある。他には「そいじゃさあ」・「そんじゃさあ」・「そんでねえ」・「そんじゃねえ」とかがある。「そん」の部分を「ん」と省略する言い方もある。

決して「干したらさあ」とかいう意味ではない。

「そうしたらねえ」が「そしたらやあ」になって「ほしたらやあ」と変化した経緯と予想される。「そ」が「ほ」に変わるのは関西でも行われているので別に珍しいことではないので、関西風の遠州弁ということになる。

江戸弁の原型が三河弁という説もあるので、当然遠州も関東風である筈なのだが実際は関西と関東がちゃんぽんに入り混じった方言なのである。

にも拘らず遠州弁そのものは異臭を放つ言葉で関東人にも関西人にも馴染まないらしい。

例文

「やあ、ど重くていごかんにい。どうせすかやあ。」

  (ねえ物凄く重くて動かないよお。どうしようかねえ。)

「ほしたらやあ、悪いだけどちゃっと倉庫まで飛んでってまあちっと軽いの持って来てくれんかいやあ。」

  (そうしたらねえ、手数掛けて申し訳ないけど急いで倉庫まで行って軽い方(の部品)を持ってきてくれないかなあ。)

「そりゃええだけど。このどんもいのどうせるだあ。ほっぱかいといてええだ?」

  (それはいいんだけどね。このくそ重いのはどうするの。放置しといていいの?)

「とりあえずやっちまわい。先やる事終えんとおえんら。」

  (とりあえず終わらせようぜ。先にやるべきこと終わらせないと。)

「今の洒落?よをこんな時に言えるなあやあ。」

「ばかっつら。んな訳ぁあらすかや。ちゃっと持ってこいやあ。」

  (馬鹿言ってんじゃないよ。そんな訳ないだろ。直ぐ持って来いよ。)

「はいね。」

  (あいよ。)

|
|

« BOSS CASE1 | トップページ | スマイル 第1話 »

1-2・遠州弁ほ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BOSS CASE1 | トップページ | スマイル 第1話 »