« かしがってる | トップページ | 狂歌明日か浅ってか その3 »

本末転倒

あくまで冗句です。言葉遊びです。

「顛末本当」

意味

実際にあった嘘みたいな出来事。

「粉末店頭」

意味

風が吹いたら飛び散ってしまうようなものを店の前面に置くなということ。店の構えを示すならちまちましたものを出すな。

「本棚転倒」

意味

特に意味なし。というか屁理屈こねれず。しいてこねれば地震等防災に備えて転倒しないようにという教え。なんつって。

「本松点燈」

意味

本当に松を燃やすといい匂いがする。

本当の「本末転倒」の意味は

重要(大切)なことと些細なことを取り違えること。

チャンネル争いでお互いが喧嘩に発展してお互い観たい番組始まってもまだ喧嘩しててどちらもテレビ観てないみたいなことであろうか。

物作りが好きで入った会社なのに営業に配属され不満だったけど仕事こなせるようになったら楽しくなったと言う風ないつのまにか目的(趣旨)が変わってしまうこととかを指すのかどうかは疑わしいというか違うであろう。こういう場合は「住めば都」か?なんかこれも違うな。

|
|

« かしがってる | トップページ | 狂歌明日か浅ってか その3 »

4・変形改造ことわざ・慣用句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かしがってる | トップページ | 狂歌明日か浅ってか その3 »