« 湯けむりスナイパー その3 | トップページ | ゴッドハンド輝 その2 »

名探偵の掟 その1

 第一回は密室のトリックの解明。空気的には犬がミケのパロディっぽかったです。事件とは違うところでのどんでん返しで最後は収まりがつきましたが肝心の事件と捜査についてはぐでぐでな印象でした。

 ところであの反省(説教)部屋は新機軸なんでしょうが間延びした感じがしてモサモサ感を感じました。そのせいなのかどうかは分かりませんがサクサク進む印象はありませんでした。期待してたのと少し趣が異なりました。役どころを達観しすぎてる感が否めなかったです。

自分だったら都合が悪くなったら(お約束を破ったら)コマを巻き戻すみたいにするか将棋の待ったで戻るみたいな天の声で正しい推理の掟が紆余曲折の末導かれるみたいなルールの方が好みです。

もしくはパターンをいくつか提示してさて正解はどういう展開にとかいうバリエーションの提示というのでもいいかしらむ。

 馴れてくれば楽しくなってくるのかもしれないなと思わせるキャラクター陣ですのでもう少し見ようかと思ってます。

キャラ的には通訳の婦警さんがいい味出てたなあと思いました。多分掟をぶっ潰す役どころが香椎さんでしょうから香椎さんの輝きに期待したいところです。

|
|

« 湯けむりスナイパー その3 | トップページ | ゴッドハンド輝 その2 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44710414

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵の掟 その1:

« 湯けむりスナイパー その3 | トップページ | ゴッドハンド輝 その2 »