« スマイル 第1話 | トップページ | 名探偵の掟 その1 »

湯けむりスナイパー その3

 今週も運よく愛知県からの電波の入りがよく観ることができまして感謝です。

 観てみたかった初対面(面接)のシーンが観れてよかったです。番頭さんの沢山の人を見てきた目利きも想像通りでしたしそれに対して嘘だったと直に言う源さん。それを引き止めたのがおかみさんという構図はホント想像してた光景でした。おかみさんが採用を決めたのは女の勘なんでしょうかね。芸者さんのセリフじゃないけど惹かれるものがあったんでしょうねおそらく。

でもこの回の主題は正体暴かれあわや居場所を失う源さんの運命や如何にでしょうね。

腕のいい整体師が源さんの体に触れ染み付いたこりから過去(殺し屋)を見抜いてしまう。口止め料として500万を要求してくる。さてどうする源さん。その決断は?

タイトルにありましたが「見えざる決闘」。正に!でしたな。

おどしでもなんでもなくマジで放った「殺すぞ!」というセリフは迫力ありましたです。それで決着がついたんだと納得しましたです。お互い深追いしないとこがその道のプロ同士の丁々発止なところでしょうか。や○ざ屋稼業はなめられたらお終いでねちっこくそれこそ地獄の果てまで執拗に追いかけるのがご商売でしょうがそういう気配は全く感じなかった真のプロ同士という感じでした。ま、こういった人が実際にごろごろいたら私みたいなへらず口しか叩けないへたれは絶対そういう人(男らしい男)に好かれるタイプじゃないですから居場所がなくなりますけどね。でもやはりもし源さんが身近にいて自分を容認してくれるんなら源さんとはお近づきになりたいなと思わせるお人です。

 基本暴力を題材にしたテーマは好きではない私ですが何故かこれは愉しく観れてしまいます。それはやはり源さんという人間が嘘や誤魔化しで取り繕うとかしない誠実さと、心の底から人生をやり直したいという想いが伝わってくるから応援したくなるからでしょうか。ところで最前線を行くプロはブランクを作るとその技術が落ちるとかよくいわれますけど源さんの腕はなまるとかいうものとは別に消えたり衰えたりするものではなく一生拭い去れないものなのでしょうか。

 同類(ご同業)からの横槍にも屈しない源さんでありました。今のところ一番の気苦労は対女性関係の正常な構築でありましょうか。なんかとてももててるんですが女性には潔癖?にも映る源さんです。どうしてそういう境地に至ったのかその経緯とかを知りたくなってきましたです。

|
|

« スマイル 第1話 | トップページ | 名探偵の掟 その1 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44705327

この記事へのトラックバック一覧です: 湯けむりスナイパー その3:

« スマイル 第1話 | トップページ | 名探偵の掟 その1 »