« *どうせすかいやあ | トップページ | 湯けむりスナイパー その4 »

スマイル その2

 濡れ衣着せた小悪党が捕んまさって法廷でしゅんとしてましたです。冤罪を晴らすには真犯人をとっ捕まえる以外にないという展開の成果の表れでありましたが。名探偵花さん(新垣さん)の活躍が目立った今回でありました。

前回の感想でこういう小悪党は都合よく生き抜くもんに違いないんだろうなと予想したんですが、あにはからんや見事退治されてました。

それにしても後味の悪い裁判でありました。検事も警察も出し抜かれた格好でしかも汚点失点だらけが出てきて「あの野郎」とか逆恨みされそうで「今度遭ったらタダじゃ済ませないぞ」みたいな禍根怨恨を感じました。

真犯人発見で一件落着とはとても思えないもうひとつの理由は、捕まった奴にしても駒のひとつにしか過ぎずましてやその組織の中に過去においたしてた時に知らぬ仲でもないという因縁を持つ輩がいる以上、なんらかの報復が今後ビト(松本さん)に向けられそうな悪寒が走りますです。それにしても過去のイメージ映像前回のやんちゃしてた人物がすり替わっていてなんだかなあでありました。初回が真実なんでしょけれども今回の社会通念上(警察側の判断)かく思われているというギャップはなんなんでしょうねえ。

 ところで名探偵花さんはどうしてあそこまでビトを助けようとあれだけ頑張れたんでしょうか。本屋さんで万引きと間違えられてたのを助けてくれた花の恩返しということでもないでしょうにねえ。富士山をバックにした過去の想い出し映像の中で踏み切りの遮断機の竿にランドセルが引っ掛かってたのをビトが取ってあげてたんですがその女の子が花だったりして。ま、そんな妄想話しはおいといて伊東一馬(中井さん)も三島花もこの回も過去の出来事については深く語られてませんでした。とりあえずの疑問としましては花に関してはその素性と声が出なくなった理由とどうしてあそこまでビトに対して誠意を尽くすのか。一馬については過去になにがあったのかの一点でしょうか。

次週辺りはビトには暫くの平穏が訪れて花か一馬の事が描かれるのかなと思っていたら今度は食中毒とな。材料の搬入でいぶかしげな雰囲気ありましたから予想はしてましたけど休めないビトでありますな。でも唯一の安住の地にどたばたが起こるというのは一体どこまで観てる側を不安に陥れるつもりなんでしょうか。安らかに眠れるところくらいは平穏であるべきだろうにと考えるのは甘ちゃんなんでしょうかねえ私は。後光が差しているべきとは申しませんが刑務所で明るく話してるだけでは明るい未来と感じられはしないので明暗のバランスが暗にこれ以上傾くと私挫折するかもしれません。甘ちゃんなんで。

|
|

« *どうせすかいやあ | トップページ | 湯けむりスナイパー その4 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44780589

この記事へのトラックバック一覧です: スマイル その2:

« *どうせすかいやあ | トップページ | 湯けむりスナイパー その4 »