« 駅路 | トップページ | *~たない・~たあない »

アルカナ その2

 レベル100で頭打ちになって暫し放置しておいたけれどここへきて転生できることになったそうな。やり直しできることはいいことだよなと再度奮起するも。

しっかし100万貯めろって「高!」

奮起も萎えそう。

だいたいやねえ。1回のファイトマネーは平均すると100ちょっと。つうことは単純に1万回ファイトしろってことかいな。

こりゃ萎えるというよりもげるぞなもし。

こんなことなら強化なんぞとかで無駄金使うんじゃなかったと。でもそれが人生なんだよなあ「早くいってよー」って。

まあこの勢いなら「早く逝き(挫折)」そうだけど

今まで生きてきて

「早く(どっか)行ってよ」と邪険にされたり、「早く言ってよ」とうすのろ扱いされたり、「早く1手を」と将棋指してて言われたり、「早く往って」と言われたり(説明略)。駄洒落になるけど「早食いってよ」とかも言われたなあ。

言われたことないのは料理はしないから「早く炒って」くらいだろうか。

まさに「早くいってよー」と言ったり言われたりの往復といった感の人生であろうか。にしても現世から離脱せんが為のゲームなのに浮世の習いを味わうとは。実際の生活において日夜金策に走る光景はまさに虚しい。判っちゃいるけどやめられないってか。つい楽して儲けたくなる図式に心がなびいてしまう。

愚痴を言ってもせんないが、「高!」

追記

4/14・ぶつくさこいてたが結局ぐちぐち言っても晴れて2日後に「転生」をした。もちろん全うに1万回ファイトした成果ではない。もともと20万は手元にあったわけでして。では残りはどうしたかと言うと要は宝箱ゲット即売っ払いと身上(しんしょう)切り潰して(売っ払って)文字通りの裸一貫になって100万貢いだ。もうすっからかんですわ。でもまあこれでこれからは経験値無駄にならなくて済むからいいか。だけどそれなりにこの2日間ファイトして無駄になった(レベル100でファイトしてた頃)経験値を考えるともったなかったなあ。でもあれですわめげると思ったんですが出来るもんですな。ほんとド高価なお宝何個か拾えて運がよかったですわ。1ヶで数万で売れたのが結構ありましたから。でなきゃ無理でしょう。

で、転生してとりあえずやってることは買わない。お宝だけで進める。箱の中身はなんだろなということだけで勝とうが負けっぱなしだろうが勝負は二の次と。レベルアップは魔力と体力だけ上げてとも考えたけどそれは次のお楽しみ実験にまわすとして魔法攻撃に劇的に弱かったので命中度をそう上げないでその分魔力を上げてみようかしらむ。とにもかくにも疑問なのは転生する前は必死こいて命中度上げたのにスカスカと空を切ってばかりだった。上げなくてもいいのかとさえ思えるくらい見事に空を切ってた。いったい幾つあれば十分なんだろうか。

4/19、やはりレベル30~40位は面白いな。色んなところに飛んで行けて楽しい。100近くなると殆ど同じところを徘徊するだけでこなし作業してるだけ状態だったから改めてこのレベルが楽しいと感じてくる。

ところで負けてもいいから経験値って勢いになっていてこれでいいんだろうかという勝負に対しての真剣味というものの足らなさがあるなと。負けたら経験値やGOLDが減るってことになれば真剣になるかもなと思ったりなんかして。

それにしても拾い物だけで通す道を突き進んでるけどなんとかなるもんだな。強かあ決してないけど。

4/21、相変わらず拾い物だけでレベルアップに勤しんでいる。こうなると鍛冶屋での強化は益々疎遠になってくる。ここを足繁く使うとしたら武器は使い込んでいくうちにへたってくるようにして刃を研いだりとかのメンテナンスをしなければ攻撃力とかのレベルが下がってしまうってことになれば嫌でも通わざるを得なくなるかな。

4/25、土日でしっかりレベル上げようと励んでいるのでありますが、しかしこれをやってて気が滅入るのはmissが連発すること。転生する前のステータスの振り分けはDexをとにかく上げ続けたけれどそれでも連発多発で気が滅入った。あげても意味無いじゃんと思って今回は0で行こうかとも思ったが流石になあと思い直してちびちび上げてはいる。空振りじゃなくて当たりはするけど上手く当たらなくてちょっとしかダメージ与えられないとかならまだイラっとこないんだけど。ホント双方MP使い切って通常攻撃しか道がない時にふたりとも空振りばかりしてるとええ~いはっきりしろって言いたくなってしまう。そんな私は短気なんでしょうか。せめて避けるんなら避けるで見てて面白く相手が避けて欲しいですな。

4/26、土日の休みでレベル上げの勤しんで70に手が届くところまで進んだ。で、このレベルになるとお邪魔するブログがお馴染みさん(自分にとって)ばかりを往来するようになってきた。こうなってくると目新しさがなくなってきて苦行の域にはいってくるぞな。しんどくなってくるな。ところで次の転生では魔法使いに徹底してやろうと考えているのでどうしてもお宝得た魔法をキープしたくなる衝動に駆られそろそろ持ち物があふれる危険性が出てきた。ケチ根性の欲望との闘いだなこりゃ。整理下手というせいもあるけど。こうなると合言葉は「ご所有は計画的に」だな。できるかしらむ。

4/27、説教じみた要望なのだけれども、よりよい道具を求めて渡り歩くという探究心を養うというのもいいけれど、モノを大切にするというかひとつのものを大切に使って維持し鍛えていくということがあってもいいんじゃないのかと。武器も成長する(強くなる)と言うシステムは鍛冶屋でも行なわれているけれど幾分投機的な匂いが漂う。具体的にどういう形でというアイデアは浮かばないけれど手入れやらなんやら大変だけど一生こいつと付き合ってくという相棒が欲しいかな。錬金術じゃないけどなんかとなんかを掛け合わせて機能を上げていくとか。

それとクエスト。設定されたモンスターばかりじゃなくそれぞれの参加者が作ったキャラを登場させる道場みたいなゾーンがあればいいのにな。レベルごとに潜む場所が違うとかすればそこに入り浸れるんだけど。

4/29、祝日。お前は休め(いらん)ということで仕事は休みと相成り候。朝、近所の人が操る草刈機のエンジン音にて叩き起こされる。こなし作業みたいにレベルアップに励むも、はあ飽いた。それでもなんとか踏ん張ろうと無い知恵凝らし何連勝できるかに挑戦し目先を変えてみようかと。もちろん相手を選別しない。逃げない。数えなくてもギルドに行けば回数教えてくれるから楽だし。相手に恵まれるかどうかにかかっているのだけれどとりあえずレベル一桁相手でも嬉しいぞ状態で気分一新中。堪えてやってみるか。で、勝ってくるぞと勇ましく誓ってマンダリンを出たからにゃ連勝せずにはおらりょうか。のつもりだったんだけどアルカナの世界も甘くない。13連勝が最高であとは一進一退の繰り返し。これはこれでストレス溜まるなと。だからとてクエストに出ていたいけなモンスターを相手にして憂さを晴らすいけない私。

|
|

« 駅路 | トップページ | *~たない・~たあない »

4・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44645778

この記事へのトラックバック一覧です: アルカナ その2:

« 駅路 | トップページ | *~たない・~たあない »