« *つーこたあなにっ~って言いたい訳? | トップページ | 湯けむりスナイパー観てえなあ »

なんだかなあ18

 基準がよく分からないもの。つまり本当は違うんだろうけど現実は言ったもん勝ちみたいな価値のもの。

芸能人(といっても限りなくアダルトの方だけど)

 アダルトなDVDの類で最近頻繁に使われる表現。ところが正直聞いたこともない方ばかり。もちろんアイドルとかバラエティとかグラビアとかに造詣はなく私の無知によるせいでありましょうが。それにしてもなんだかなあという勢いを感じます。

一体全体何を以って芸能人と為すか。芸能事務所に所属すればとか確定申告で職業「芸能人」と書けばそうなるのかしらむ。大昔は天地○理さんとか伊○咲子さんとかといった誰もが知る歌手の方が変身されてロマンポルノシリーズに参戦されたこととかあって、そういうのに「あの○○がついに・・・」とかいう形容詞がつくのは納得してたんだけど。最近は「あの」という「あの」が知らないことばかり。コマーシャルに生ける書き割りで出た程度で「あの」と付いたりバラエティのアシスタントとかでチラリ映ってられたくらいで「あの」と冠がついてたりはなしだと思うんですけどねえ。もっとも清純派という種族(作為的なものであっても)が絶滅した今ではどなたが転進されても大層な驚きはないですけど。

まあ自分を芸能人だといちいち称す事自体自覚というよりも整形や年齢詐称と同種のような理想を追うあまりの誇大な表現かもでしょうけど。どちらかというと付加価値に弱い私なのでつい気をとられてしまうのですが。看護婦やスッチャーデス・素人とかのなんちゃってモノ(本物だったら自爆行為だから嘘と知りつつ合点がいく部分)とは異なる感覚がありましてこれだけは看板に偽りなしにして欲しいものです。

アダルトな世界から年齢制限の存在しない世界で有名になる道を否定するものではありませんし、又その逆を都落ちだという気も毛頭ございませんですがなんだかなあです。今は何事にも多様化が進んでいてそれこそ大昔の「スター」といわれる人は唄も芝居もバラエティもといった八面六臂を求められてかつ棲息個体数も限られていたのですが、最近はそれぞれのスペシャリストが軒を重ねる専門店が増えて生存できる数もエリアも多いのですが。決して粒が小さくなったとかいうつもりはないんですけどそれにしても知らないなあと。

女優(こちらは多少まともなお話し)

 ベタなセリフでよく使われる「私は女優よ」とプライドと誇りを虚しいことにかけてる儚さを表するセリフがあるけれど。役者とどう違うんだろ。女優の対の表現として男優というかと言ったらは普通言わない。

その人が出るならと映画や舞台とかを筋書きは二の次でとにかく観に行こうという気にさせる。そういう牽引力を持つ人が「女優」だと以前はそう思ってたんですけど。それだとファン心理とどう違うんだということになってその考えはご破算にしました。別にタイプの容姿されてなくとも(つまりファンじゃない)惹き込まれるお芝居を観たいと思うことがあるんで万人に好かれる好き嫌いというのとは違うなと。前はホントそうだと思ってたんですがなんか違うみたいです。

自らの存在そのものがインパクトというのなら自らを消す憑依型の方は該当しなくなる訳だし、技術云々なんぞ素人に分かる筈もなし。作品に対して誠実というのがそうなのかなとも思えなくもない。でもそれだけじゃない。彩を添える華だというのならアイドルとどう違うんだということになる。正直女性から男である私が作品を通して生き様を教わったみたいなことになることはなく。男女の思考回路の違いから感情移入して観るようなこともまずない。

ますますど壷にはまっていってしまっているのだけれどもやっぱ役者と女優の違いが分からない。分からないけど私みたいなド素人からしてもあんな上手くもなんともない人が自らのことを「女優」と呼称するような時には抵抗感を感じることがあるのは確かでありまして。上手い役者さんは「名優」と称されるけど女性だったら全て「女優」と言うのはなんだかなあですわ。まあ「大女優」はうすらほのかに理解出来ますけど。

ホント女優と呼ばれる基準ってなに?自らを女優と称する根拠はなに?そしてそう周囲から言われて許容する(否定しない)理由はなに?商売上の都合というのではなんだかなあですわ。

|
|

« *つーこたあなにっ~って言いたい訳? | トップページ | 湯けむりスナイパー観てえなあ »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *つーこたあなにっ~って言いたい訳? | トップページ | 湯けむりスナイパー観てえなあ »