« 遠州弁かるた 思案3 作りかけ | トップページ | ありふれた奇跡 その10 »

*わからあん

意味的なことではなくイントネーション命の遠州弁。「ら」を強く言う。

ニュアンス的に「どうかなー?」という無感情な茫洋な感じを表現する際に使われる。この言葉の前に「あー」とか「んー」とかいう言葉がつくことが多い。

「どうだかいやあ」が前につくと「わからん」・「わからんやあ」という風に「「わからあん」を使うことは少なくなることが多い。

例文

「あんたあでける?」

  (あんたならできるかねえ?)

「あー、わからあん いぜったこん ないもん。」

  (どうだろ。いじったことないからなあ。)

「でけるらあ。やってやあ。」

  (できるでしょ。やってみて。)

「わからんっつってるじゃん。知らんにいわしにやらせてどうかなってもを。」

  (自信ないって言ってるでしょ。私にやらせてどうにかなっちゃっても知らないよ。)

「ええよ。こわいたらちゃっと逃げりゃ済むこんだで。」

  (大丈夫壊したら直ぐ逃げれば済むことだから。)

「ふんだったらいぜくる前にとんずらこきまい。」

  (それだったらいじる前に退散しようよ。)

「悪さしちゃいんだで逃げんでもいいらあ。」

  (なにもまだ悪いことしてないだから逃げる必要ないでしょが。)

「そりゃそうだけえが、なんしょ いぜるなあ やめまい。」

  (そりゃそうだけど。とにかくいじるのはやめようよ。)

|
|

« 遠州弁かるた 思案3 作りかけ | トップページ | ありふれた奇跡 その10 »

1-2・遠州弁わ・ん行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44269554

この記事へのトラックバック一覧です: *わからあん:

« 遠州弁かるた 思案3 作りかけ | トップページ | ありふれた奇跡 その10 »