« 禁じ手らしい 頻繁なチャンネル操作 | トップページ | へっぽこ »

*おだやかじゃねーのっ

ただ事ではないねと言う意味。直訳すれば(穏やかじゃないね)となる。別に特に変わった言い回しではないのだが、相槌打つ時に良く使われる表現なので憶えといて損はない。得もないけど。

まあ、広い範囲での遠州弁ということではなくうちらの集落での言い草であろうが。

精神というか心持ちが穏やかじゃないねというニュアンスもあるので、特にとんでもない出来事に遭遇したとか一触即発の状態ということでなくても使う。

例文

「聞いた?○○の奴。馬鹿どんじかられたっつう話しい。」

  (聞いた?○○の奴。物凄い怒られたっていう話しだよ。)

「なによを。聞いちゃいんにい。誰にい。」

  (何それ?聞いてないよ。誰にだよ。)

「あいつんさあ。客から頼まんさったもん忘れかあってほっぽらかいとっただって。ふんで客からどうなっただあっつわれて思い出いただけどはあうっちゃっちゃってて物んなくいちゃってただよ。」

  (あいつさあ。お客から頼まれてた物忘れかえって放置してたんだって。それでお客からどうなった?って言われて思い出したんだけどもう捨てていて物を失くしちゃったんだって。)

「そりゃあ穏やかじゃねえのっ。で、どうなったよを。」

  (そりゃ大事だねえ。それでどうなったの?)

「どうにもならすかあ。えらいさんと行ってひたすら頭下げたっつう話しは聞いちゃいるけどその後どうなったかは知らんだあ。」

  (どうにもならないだろ。偉いさんと行ってひたすら頭下げたっていう話しは聞いてるけどその後どうなったかまでは分からない。)

「ほいじゃあ両方からどんじかられただあ。」

  (それじゃあ両方からきつく怒られたのか。)

「みたいだよ。」

「弁償かあ。首にゃあならんだ?」

  (弁償になるんだろうなあ。首にはならないんだろ?)

「知らんだあ。今言えるのはあいつの机に本人おらんくてクマさん座ってるだけでえ。」

  (分かんない。今確かなのはあいつの机に本人が居なくてクマのぬいぐるみが座ってるって事。)

「それも穏やかじゃねえのっ。クマなだけにプーさん確定ってか。」

  (それも随分だなあ。クマなだけにプーさんになるってか。)

|
|

« 禁じ手らしい 頻繁なチャンネル操作 | トップページ | へっぽこ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 禁じ手らしい 頻繁なチャンネル操作 | トップページ | へっぽこ »