« ヴォイス・命なき者の声 その8 | トップページ | トライアングル その9 »

えらそうに

「馬鹿えらそうにしてたもんで医者連れてった。」

(物凄くつらそうにしてたから医者に連れて行った。)

偉ぶるとかの「えらそうに」というのももちろん使うが、遠州弁では体調がすぐれない状態に見えることを指す場合も多い。「えらい」を「しんどい」というかどうかで上記の例文の解釈が大きく変わるところであろうか。一応辞書では「階段の上り下りがえらい」という文例を載せているので「えらい」=「しんどい」が遠州だけという訳ではないのであるが使いどころが独特のような気がする。

例えば、共通語での「えらそう」(偉そう)の使い方で上記例文を解釈すると

「大変偉い方のような振る舞いしてたので医者に連れて行った。」

これでは頭がいかれてるから医者(精神科)に連れてったということになる。

もしくは「えらい」が「大変に」という訳で解釈すると

「物凄く大変にしていたから医者に連れて行った。」

これだと救急車呼んだほうがよさそうで医者に連れてくことがはたしていいことなのかどうか。ちなみに救急車呼ぶくらいの緊急性があるような場合は「えらい・えらそう」は使わないことが多く「死んでる」「死にそう」

またもしくは「えらそう」を「生意気」という訳で解釈すると

「物凄く生意気にしていたから医者に連れて行った。」

性格を直してくれる医者はいないだろうから行くとこが違うだろとなる。

以上もちろん冗句だがそう取られ兼ねない可能性もあるということで。

例文

「○○の奴なんかえらそうにしてたなあ。」

「なにやっ!きんのうあんだけ説教しただにしょんねえなあやあ。連れて来いやあ。」

「んじゃなくて気分がえらそうっつうの。」

「あっそ。ちっと説教し過ぎただかいやあ。」

「きんのう酒がんこおそまで呑んどったらしくてさあ。」

「懲りちゃいんじゃんかあ。やっぱ説教だ。」

「やめない。説教喰らって落ち込んだのの気分転換かもしれんじゃん。」

「ちゃうだあ。二日酔いこいて仕事すんじゃねえっつって説教こいたの。」

という風に現地人でも聞き間違えはある。これを防ぐため「しんどそう」の「えらそう」は「にしてる。にしてた」を使い「生意気」の「えらそう」には「してる・してた」又は「こく・こいてる」とかを使って分けてる人が多い。もちろんこの使い分けでもどっちにでも取れるややこしさが完全に解消される訳ではないのだが。

|
|

« ヴォイス・命なき者の声 その8 | トップページ | トライアングル その9 »

1-2・遠州弁え行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴォイス・命なき者の声 その8 | トップページ | トライアングル その9 »