« 四月はなに観よか | トップページ | ドラマ 黒部の太陽 前編 »

*馬鹿こいちゃかんて

馬鹿を言うなという意味。

ニュアンスとしては無茶なことを言うなといったところであろうか。「冗談はよせ」という意味でも使われるし「冗談じゃないよ」といった真剣否定の場合にも使われる。

他には「馬鹿いっちゃかんて」・「馬鹿ゆわんで」とかがある。

例文

「今度出た新型見た?」

「本物見ちゃいんけどカタログは見た。」

「馬鹿いいと思わん?」

  (すんげえいいと思わない?)

「いいよを。」

  (勿論いいよなあ。)

「欲しいけど どたけえ よなあ がんこ。」

  (欲しいけど高くて手が届かんよなあ。)

「ローン必死こきゃあなんとかなるらあ。」

  (ローン組んで切り詰めればなんとかなるんじゃないの?)

「ええよなあおんしゃあ余裕あるでえ。」

  (いいよなあお前は生活に余裕があって。)

「馬鹿こいちゃかんて。どこにそんな余裕あるでえ。」

  (冗談言うなよ。どこにそんな余裕があるっていうのさ。)

|
|

« 四月はなに観よか | トップページ | ドラマ 黒部の太陽 前編 »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44270142

この記事へのトラックバック一覧です: *馬鹿こいちゃかんて:

« 四月はなに観よか | トップページ | ドラマ 黒部の太陽 前編 »