« めざましテレビを観てて思う事 | トップページ | *うらっかある »

遠州弁かるた 思案1 作りかけ

 なんてなものを作ってみたらどうなるんだろうかと。本邦初の試みという訳ではなく他のお国言葉でCDにもなってるものがすでに発売されているそうな。遠州弁はないのかな。

ところでかるたというくらいなのだから読みの言葉と札の単語を必要とするのであろう。百人一首みたいに上と下の句とかつくらないといけないのかな。それとも犬も歩けばみたいな直結でいいのかしらむ。

2009/03/09、とりあえず単語をあてはめてみよう。ついでに頭にその言葉がくる表現も。

あたまやる   あたまやる今日も今日とて丸坊主

いづようない  いづようないいまいちここは場違いで

うわっかあ   うわっかあ下の方だとしたっかあ

えがんでる   えがんでる家計簿つけてるその顔が

おぼわらん   おぼわらんいちいち人の名前まで

かっさらい    かっさらい物をさらわず草を刈る

きっちし     きっちしと今日は下ろすぞ競艇貯金   

くさるけに    くさるけにあるでこらしょと持ってって

けなるい     けなるいで今日は早くに帰るだよ

こどんでる    こどんでる下の方にこどんでる

さしゃへんにい さしゃへんにい勝ち逃げなんか絶対に

し(じゅるい)  じゅるい道雨だあだあの田舎道

すけはいる   すけはいる後で絶対恩きせる

せんひき    せんひきで線を引いてもえがんでる

そらつかう   そらつかうしったかぶりのとぼけ方

ため       ためと知りいきなしなめた物言いに

ちみくる     ちみくった加減を知らず血い死んだ

つるくる     つるくいて干いときゃなんとか乾くらあ

てんこちょ    てんこちょを目指すといっても高くなく

とんじゃかない とんじゃかない後先のことはとんじゃかない

なんしょ     なんしょやあ人の話は聞くもんだ

にしゃにしゃ  にしゃにしゃとしとるとぶっさぐられちゃうにい

ぬしゃあ     ぬしゃあやあどっからここに来た人よを

ねぐさる     ねぐさるで水はくれん方がいい

のえ       そうだのえおっしゃるとおりでそうだのえ

はぜつ     はぜつさす風船尻に置けりゃせん

ひづるしい   ひづるしい夏の日差しは肌おやす

ふ(ぶしょい) ぶしょいから恒に三歩の距離を置く

ほれみっせー ほれみっせー人のゆうこん聞かんもんで

まるさら     まるさらと頼んで来たのは丸い皿

みなきし

めんめえ   めんめえで大魚が釣れりゃあ世話いらぬ

もちっこ    もちっこと言った次の日はあ失くす

やっきり    やっきりとこいたあげくの勘違い

ゆうちんちん ゆうちんちん熱くて入れたもんじゃない

よせる     よせとくりょ洗濯物ちゃっと雨来たで

らんごかねえ

「ゆ」は苦しいなあ。「へ・む・」はいい言葉が見つからないや。ラ行は又次の日とかに。ほんで次のチェックは遠州独特かどうかだよな。三河や名古屋と似てるからなあ単語に関しては遠州弁と。

|
|

« めざましテレビを観てて思う事 | トップページ | *うらっかある »

1-1・遠州弁かるた随時製作中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44291089

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁かるた 思案1 作りかけ:

« めざましテレビを観てて思う事 | トップページ | *うらっかある »