« *こ | トップページ | *ばんげしま »

千里の道も一歩から

あくまで言葉遊びです。冗句です。

「千里の道も五十歩百歩」

一里を行くも千里を行くも踏み出す想いは変わらぬものだ。

「千里の道も一方通行」

行くしかない。後戻りできないということ。

「千里の道も一歩空」

すべての一歩に深い意味はなく振り返って始めて判るものである。気負うことなく平常心で行けばいい。

「千里の道より何千里」

母を訪ねてって凄い距離を歩んだもんだとただ感心するのみ。あれに比べりゃ大した事ないさということを言いたい。

「千里の道も一歩から」

正しい意味は大業を為すにあたり、大きさにすくむことなく小さなことからコツコツと。

大を為すも小を行うも始まりはまず一歩目を踏み出すということ。大だからという気負いも特別な意識も始まりにおいてはそれほど重要なことではないということ。

出自は老子からだそうな。まあ気楽に行こうよということであろうか。

|
|

« *こ | トップページ | *ばんげしま »

4・変形改造ことわざ・慣用句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *こ | トップページ | *ばんげしま »