« チャンス!彼女が成功した理由 第2話 | トップページ | *もう!ぶつにい »

遠州弁かるた 思案5 一考

(補足 いろはかるたにつきましては思案14で一応形を整えました。)

 かるたというくらいだから札にしなくちゃいけない。絵をどうしよう。凧の絵柄でも拝借つかまつっちゃおうかしらむ。でも道楽であって商売にする訳じゃないけど勝手に使う訳にもいかないよなあ。まいいかあそん時考えりゃ。それよかまず先に句を作らんと。

でもなあ、方向性(対象者)も絞らないといけないんだろうな。考えられるのは

方言知らない人へのプレゼン(判り易いと言う条件)名称は「やらまいかるた」とか

遠方に散らばる元遠州人の懐古の喚起(基本という条件)「はま~つかるた」とか

地元衆にしか通ぜんマニアックな内輪ネタ(制約なしという条件)名称は「だあだあかるた」とか

まあそんな獲らぬ狸な事考える前にまず言葉全部とりあえず埋めよう。それから考えればいいことだあれ。でも「いろは」になるのは下の句(取り札)でないと意味ないけど今やってるの上の句(読み札)が「いろは」で始まるもの作ってるお馬鹿なことしてるからなあ。まあ始めは五・七・五で読み札と取り札同じのつもりだったけど調子こいて七・七までやらすかと思ったもんでね。もっともかるたに五・七・五調にしなくちゃいけない決まりなんかないんだけど。最初っから完成品目指してもねということで練習でえのまずは作り方の。という風に自分に優しいエコな解釈しまい。エゴとも読めるけど。

とりあえず他のお国言葉のかるたってのをネットで調べてみたけど遠州弁って五・七・五とかにしやすい言葉なんだなあと思えてきた。他のお国言葉かるただと字あまりが見られるけど自分で作ってる限りじゃスパスパはまるもんな。遠州弁ってもしかして地方的に独自に発展した言葉とかじゃなくて古い日本語がそのまま残ってる部分が多いのかしらむとちと思えてきてしまう。

で、ネットで見た限りだとこの近くだと名古屋・山梨があるそうな。もっと近くで浅羽で作られてるらしい。小学校の教材かなにかで使われてるみたい。ちらっと見た限りだとなに言ってるのか言葉が分からん。一応浅羽も遠州のエリアなんだけどものの見事に違うもんだと。でもこういった正統派なんぞ学識者さんとかの協力で作られるものが殆どだろうから、自分は素人らしくひたすら下衆でおちゃらけに走ろうかな。自分みたいに個人的にお遊びで作ってるのは意外とないもので殆どが商品だった。探し方が悪いのかな。

そもそも基本が分かっていないんだし判り易くなんてどだい無理だから、出来そうだとしたらおもしろければそれでいいじゃんってことしか出来ない。ただ受け狙っても世代的にも人間的にもずれてるからなあ感じが。つうか「れ」と「る」がひねりだせんくて往生しとってそれどころじゃねえわな。ここまできたら無意味な意地で必ず冒頭に持ってきたい。

そうそう、ゆうときますけど私の遠州弁は主に浜松旧市内の遠州弁が基礎ですけんど。あくまで基礎であってバリエーションは仕事するようになってから増えましたんで正当な旧市内の遠州弁というつもりは微塵もございません。掛川の「だけえが」とか「ぞんぐり」や湖西方面の「りん」とか使ってない耳かじりの言葉も使ってますんで正しい使い方じゃないこともあるでしょうし。あくまで言葉遊びです。

|
|

« チャンス!彼女が成功した理由 第2話 | トップページ | *もう!ぶつにい »

1-1・遠州弁かるた随時製作中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44328865

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁かるた 思案5 一考:

« チャンス!彼女が成功した理由 第2話 | トップページ | *もう!ぶつにい »