« なんだかなあ20 | トップページ | 遠州弁に変換歌詞 「ロビンソン」 »

チャンス!彼女が成功した理由 第1話

 大いなる勘違いから道を掴むと言う展開は私の苦手分野なので見る気は正直なかったのですがついつい惹き込まれてしまいました。30分か45分番組なのかと思ったら1時間だったんですねあっという間でありました。しかもまだ終わってないし。次が愉しみです。ところで全何話なんでしょうねえ。

「堀北真希」さんこの人うまい。こういう役が似合ってるっていうこともあるんでしょうけど観てる者を引き寄せるなにかをお持ちなのでしょうか。力の入れ加減が絶妙で、うちづらとそとづらの使い分けだけでなく喜怒哀楽といったおおよそなものに緊張と安堵・不安やおののきといった感情表現を付け加える(トッピングする)匙加減も豊富かつ応変で。特になにがしかし終えた時の達成感を表現するのがうめえよなあと。

こんなどんな時もはっちゃきな娘、絶対実社会の中にはいないよなと思うのですがそれでもなんかどこにでも実在していそうに思えるのは誇張したお芝居をされない等身大の中でテンションのピークを作ってるからなのかなと思えてきます。舞台とかで魅せる技術を磨かれた舞台俳優と呼ばれる役者さんは時としてテレビとかだとある程度力をセーブする勢いを感じてしまうのですがそういうとこみると手を抜いてる訳ではないのでしょうけどなんか抑えた芝居で全力感を感じないことがあります。舞台の上のように全力で声張り上げて動作で演じたら非現実感が強くなってしまうから仕方のない事なのでしょうけど。

 堀北さんが舞台経験あるのかどうかはファンではないので知りませんが力の入り具合が全部全開に映ってそれがあざとくない風に観えるのはそういうとこからきてるんじゃないかと思い違いしてしまうほど自然体に映る感じでした。周りのムロツヨシさんを始め芸達者さんが多かったのでその比較という部分でも濱田岳さんと共に自然さが目立つ感じでした。もっとも周りは海千山千の仕事のプロ集団に対して採用されたばかりの居場所がまだ見つけられない居心地の悪さを表現するために周りとは異なる芝居をあえてされてたのかもしれませんがもしそうだったらそれはそれで賢いのかも。ただすごく真面目に映るからコメディに映らないのは致し方なしか。

 まあこんなヲタこいてても始まりませんから肝心のドラマの方をば。

先にも書きましたが「嗚呼勘違い」なことから物事が動きだすという展開はホント得意分野じゃないので全体的な流れの感想はパスさせていただいて小ネタの方が面白かったのでそちらの方を。

 家にいる時の弛んだ感じを表現すべく方言が効いてますですな。遠州人なんで九州のお国言葉がお上手なのかどうかは定かではありませんが確かにまったり感を感じました。

 劇団ひとりさんの役はなにかと先輩として含蓄のある言葉を吐かれていました。珠希(堀北さん)に問いかけた「友達とどこに旅行に行くか?」の答えで「自分がその人と行って楽しいところ。」ってのはナイスでしたねえ。確かにと納得いたしました。「嗤われるのも笑わせるのもわらう側からしたらおんなじ。」というのはどうもでしてけど。自負心と書くとえげつないけどプライドなら許容範囲かな。とにかくプライドを持ってやることがプロとしての誇りであろうと思っていますので笑ってもらうならどっちでもいいというのはプロの吐く言葉ではないような気がしました。でも「好きこそものの上手なれ」を実践しているキャラであることは間違いなく。派遣社員という設定も重なって高給取りや責任の重さが幸せ(いきがい)になる手段じゃないってことだけは間違いなく伝わってきましたし羨ましいよなとも思えたりもします。

 コンパ好きの会社の同僚の理想の旦那の条件が「公務員で料理が上手」って珠希のお兄さん(ムロさん)のことじゃないのか?と。このあと表現汚いですけどくっつくのかな。で、お兄さん白バイなんか盗まれたみたいですけどどうなるんでしょうねえ。首でしょうかねえ。公務員だからそれはないか。でもドラマ面白くするためとはいえ警察官を公務員って普通言うかなあ。交通違反のキップ切ってる時のタクシーの運転手さんのお芝居がとても自然で印象に残りました。

 個人の好みの問題ですけど堀北さんの表情というかお顔で印象に残ったのはめがねっ娘してた隠れてバスツアー視察してたバスの中でのシーンですかねえ。おん歳20歳程とお見受けしますがやはり若く見えますです。ある意味このままお歳を重ねられそうな感じもするので年相応の役ばかりでなく色んな年齢さば読めそう(年齢不肖)な幅広い年齢を演じられそうなお方に思えます。裕福でも貧乏でも似合いそうですし、なんでもござれなんでしょうかねえ。流石にモデル役とかの最新ファッションに身を包む化粧の質が違う役は無理が出るか。

 まあとにかく一所懸命やるものには福来るというお話しなのでしょうから明るく観れそうであります。

 で、話しがんこ飛びますけど一社提供のコマーシャルはやはり見応えありますですなあ。以前にも味の素さんがスポンサーでのスペシャルドラマ観たことがあったんですけど、その時も充実してましたけど。やっぱ統一感があるし。ましてやこのドコモさんのCm連鎖のストーリー展開だから一気はいいですわ。

|
|

« なんだかなあ20 | トップページ | 遠州弁に変換歌詞 「ロビンソン」 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44276527

この記事へのトラックバック一覧です: チャンス!彼女が成功した理由 第1話:

« なんだかなあ20 | トップページ | 遠州弁に変換歌詞 「ロビンソン」 »