« 信号待ちのねじれた悦 | トップページ | 本日も晴れ。異常なし その2(第3話) »

*はあ その2

決して「ハア」と溜め息をついている訳ではない。

「はあだあだあでえ。」

と、関東から浜松に移ってこられた人に言ったら「なにそれ?」といぶかしがられた。

何を言ってるのか一言も理解出来ないそうだ。

そんなじゃ

「腹ん具合だあだあではあしゃあしゃあだもんで便所馬鹿近くてかんわ。」

なんて言っても全く意味通ぜんっちゅうこんだいね。

何より驚いたのは「はあ」(もう・すでに)という言葉が通じないということだ。「だあだあ」はともかくとして。

「はあ」は関西あたりとかでも当然使われてるものだと思ってるから全国的に通じるものだとばかり思っていたのだが。

因みに「はあだあだあでえ。」を訳すと「もう滅茶苦茶だよ。」となり、「腹ん具合だあだあではあしゃあしゃあだもんで便所馬鹿近くてかんわ。」は「お腹の調子がよくなくてもう下痢気味でね。便所がとても近くて駄目なんだ。」となる。

古い日本語の「早や」が変化して「はあ」となったとも勘繰れるのでどこでも通じると思ってたんだけどね。意外や意外で「はああきれかあってものん言えんわあ。」(もうあきれ返って物も言えない)状態である。知らぬは地元ばかりなりってか。「石炭をばはや積みはてつ・・・」だと「石炭がはあ積まったもんでえ・・・」という風になる。

ちなみに、辞書で調べた「はあ」の意味は受け答えの相槌・驚き感心の気持ちを表わす・聞き返す気持ちを表わす・納得のいった気持ちを表わす(はあそうですか)とか(はあ?)といった相槌・合いの手的使い方で遠州弁の「はあ」の使い方は記載されていない。

例文

「おっとさ はあ 出た?」

  (旦那さんはもう出発した?)

「はあ とっくだにい。」

  (もうとっくに出てったよ。)

「やいやい。後でどんじかられるなあこりゃ。」

  (あ~あ。こりゃ後で物凄く怒られるなあ。)

「ぶつくさこいてんでちゃっと行きない。寄り道してるかもしれんで追いつけるかもしれんじゃん。」

  (ぶつぶつ言ってないで直ぐ行きなよ。寄り道してるかもしれないからまだ追いつけるかもしれないんだから。)

|
|

« 信号待ちのねじれた悦 | トップページ | 本日も晴れ。異常なし その2(第3話) »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信号待ちのねじれた悦 | トップページ | 本日も晴れ。異常なし その2(第3話) »