« 本日も晴れ。異常なし その2(第3話) | トップページ | ヴォイス・命なき者の声 その4 »

*あんねえ

ふた通りの意味にとれる。

ひとつは「姉」もうひとつは「あのねえ」。

なので「あんねえあんねえ」(姉貴さあ、あのねえ)という表現は実在する。

「姉・アネキ」は親しみがこもった表現であることが多く、見も知らぬ人から「あんねえ」なんぞと呼ばれた日には「キモい!」となる。

「あのねえ」は「あのさあ」というニュアンスの場合も多く用途は広い。甘えた感じにも映るので野郎が言うと「キモい」。大抵は子供か女子が使う方が無難な表現であろう。野郎なら「あんさあ」・「あんやあ」・「あのやあ」とかであろうか。「あんなあ」だと関西っぽくなるが使う人もいるにはいる。

甘えた感じを除ける場合は「あんたねえ」とすれば距離を置いた感じになる。

例文(女性言葉は得意ではないので乱文ご無礼)

「あんねえ。あんねえ。」

  (お姉ちゃん。あのねえ。)

「なによを。また変なこん誘うじゃないらねえ。いやだにい。」

  (何?またおかしなこと誘う気じゃないでしょうねえ。御免だからね。)

「失礼しちゃうやあ。変なこんなんか誘ったこんありもへんにい。」

  (心外だな。おかしなことになんか誘ったことないでしょうに。)

「へ~よーゆうじゃん。こないだの○○。あれなによを。」

  (へ~よく言うわねえ。それじゃあこないだの○○。あれどういうこと?)

「あんねえ。あんねえがやりたいっつうもんで誘ったじゃん。」

  (あのねえ、姉貴がやりたいって言うから誘ったんじゃないの。)

「あんたねえ、女ばっかで行くとこじゃありもしんにい。」

  (なに言ってるの女性ばかりで行くとこじゃないでしょう。)

「自分連れてくりゃ良かったじゃん。」

  (自分が連れてくれば良かったでしょ。)

やはりそれは言っちゃあお終いよということで。

|
|

« 本日も晴れ。異常なし その2(第3話) | トップページ | ヴォイス・命なき者の声 その4 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日も晴れ。異常なし その2(第3話) | トップページ | ヴォイス・命なき者の声 その4 »