« ありふれた奇跡 その6 | トップページ | ラブシャッフル その5 »

*なし

「無し」。「ず」(ぬ・ないの文語形)とほぼ同じ使い方をする。

「買わず」=「買わなし」・「買いなし」。

「買わずに帰ってくる」=「買わなし帰ってくる」

共通語だと「なし」は「どこにもなし」とか「異議なし」とかいう言い切りの表現で使われることが多いと思われるが、遠州弁では「~しないで」というニュアンスで使われるのが違いであろうか。

つまり共通語だと「なし」ではなく「なしに」というニュアンスの方が近いであろうということか。「あいさつもなしに帰った」とか言う風に。遠州弁だと「あいさつしなし帰った」となる。

この表現は三河の人からみても異様に感じられるらしいので、遠州独特の表現という可能性もある。駿河で通用するかは不明。

例文

「なによを昼だにまだでんだけえ。」

  (なんだよ。昼だってえのにまだ出来て無いの。)

「雑用多くて手えつけれんくてさあ。まあ午後にせるで昼だで飯にしまい。」

  (雑用に忙殺されてねえ。まあ午後にやるからご飯にしようよ。)

「やることやりなし よーゆーわ。」

  (やることやらないでよく言うよ。)

「そうだよを。やりなし なんで そんなこん ゆえるよを。」

  (そうだそうだ。やりもしないでよく言うよ。)

「でけんもんはしょんないだでまず飯にしまい。」

  (出来ないものはしょうがないだろ。だからまずご飯にしようよ。)

「なんもしなしで飯んよをいけしゃあしゃあとのどん通るなあやあ。」

  (なにもしないでよくもぬけぬけと飯が喉通るなあ。)

|
|

« ありふれた奇跡 その6 | トップページ | ラブシャッフル その5 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ありふれた奇跡 その6 | トップページ | ラブシャッフル その5 »