« ヴォイス・命なき者の声 その4 | トップページ | トライアングル その5 »

*いい加減にしんと怒るにい

意味はまんまで「いい加減にしないと怒るよ」。

用途としては親がゆうこと聞かない子供に対して放つ「もうやめろ」の最後通告が最も多い。次には友人同士とか親密度の深いもの同士で成り立つ表現であろう。

だけどこれから怒るぞと言ってる割にはもうすでに怒っている場合の方が多く。

言ってることとやってることが違うじゃないかと子供心にそう思った記憶がある言葉。

例文

「あんた、いつまでやってるよを。早くかたしなさい。」

  (も~。いつまでやってるの?早く片付けなさい。)

「もうちょっと・・・」

「も~いい加減にしんと怒るにい!はああんたなんか知らんで好きにしな。」

  (もーいい加減にしなさい!もう知らないから勝手ににしなさい。)

以前同じような記事書いた記憶があるのだが、まあいいか重複しててもとんじゃかないかあ。

|
|

« ヴォイス・命なき者の声 その4 | トップページ | トライアングル その5 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴォイス・命なき者の声 その4 | トップページ | トライアングル その5 »