« 温泉には、入る?つかる?ひたる? | トップページ | 本日も晴れ。異常なし その3(第4話) »

*はすとんがらす

状況としてはムッとした時になる口の形状を表して言う言葉。

形状を説明することが難しく上手く説明できない。

言葉を分解してみると、「はす」は「斜」つまり「ななめ」。「斜に構える」という風に使われる「はす」であろうか。「蓮」では意味分かんないし。多分「斜」であろうかと自分としては想像するところであるが。

どこぞの説明で「はそ」(鳥ならくちばし人なら唇を指す)という言葉があるというのを拝見したことがあるが、国語辞典にも古語辞典にもネットでの辞書においてもそういう事が記載されていないのでその「はそ」が「はす」に変化したという解釈は十分考えられるが正直なところ同調するまでの説得力に欠ける気がする。

いまひとつは「はそ」=「くち」とされているのもあったが、こちらもどの辞書にも記載はないし遠州弁だとしても「はそ」単独で使われる事は無いので例えば「口をはさむ」とかを「はそんはさむ」とか言っているのならばなるほどと思えるがそうではないのでこれも「はそ」=「くちばし」と同様説得力に欠ける気がする。

「とんがらす」は「先が尖ってる」とかで使われる「尖がる」(とんがる)+「させる」であろうて。

したがって「口を斜めに尖らせる」状態ということになる。「への字に曲げて突き出す」みたいなものであろうか。?いやなんか違うような気がするけど。

つまり光景としては口が突き出ていないと尖がったとは言えないし、感情としては憮然としていなければならない。ふくれっつらで頬(ほお)がぷうっと膨らんでなおかつ口はキッと結んでいるのではなくすぼめて突き出てる様というべきであろうか。でも必ずしもぷーっと膨らんでなくとも「はすとんがらす」使うもんなあ。よくわからない。

ちなみに「はすとんがり」・「はすとんがれ」・「はすとんがらん」とかいった変化はなく「はすとんがらして」・「はすとんがらせす」・「はすとんがらさす」とかいった変化になるのが違和感のないところである。

例文

「なによーあいつえらいぶすくれとるけどなにしたよを。」

  (なんだよあいつ、えらくご機嫌斜めみたいだけど何があった?)

「自分のゆうこときいてくれんもんで、ちんぷりかあって口んはすとんがらせてけつかる。」

  (自分の希望通りにならないもんだから、ぶすっとしてふくれっつらしていやがる。)

「甘やかしてるもんでえ。ちったあきつくゆうときゃゆわんとかんらあ。」

  (普段甘やかしてるからだよ。少しはきつく言うべき時にはきちんと言わないと駄目だよ。)

「きつくゆって泣きゃ泣いたでばあばんとこいってまた甘やかされるだで。塩梅が難しいやあ。」

  (泣くまできつく言うとおばあちゃんのとこ行ってよしよしって甘やかされるから加減が難しいよお。)

「ええだよなんしょゆやあ。頭使わんでも。」

  (とにかく言えばいいんだよ。考えこまなくても。)

|
|

« 温泉には、入る?つかる?ひたる? | トップページ | 本日も晴れ。異常なし その3(第4話) »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温泉には、入る?つかる?ひたる? | トップページ | 本日も晴れ。異常なし その3(第4話) »