« *なし | トップページ | 娯楽仮面コンケルド シーズンⅡ ② »

ラブシャッフル その5

 二順目ってあったんですねラブシャッフルって。行き着く先はなにが待ってるんでしょうか。舞ってるのかなそれともなにかが。

菊田(谷原さん)がひたすら怪しい街道まっしぐらで謎多き男に進化していくようです。宇佐(玉木さん)が真逆とも言えるシンプルイズベストなお人でその対比がおつなのかもしれないところであります。

とりあえずの謎を列挙してみると、そもそもなんでこのラブシャッフルを考案したのか。亡き恋人にくりそつな女性とは誰か。旺次郎をホントは嫌い?などなど。

賭け事の胴元は大概いかがわしいものと相場が決まってますが、医者という職業からは想像できない裏を持っていそうです。とにかく今のところどれも答えが明確になっていない分善人なのか悪党(犯罪者という意味ではない)なのか不気味な人物であります。

 で、他のメンバーの都合ということで言えば、気になる人がいるというのが菊田・芽衣(しほりん)・海里(吉高さん)。シンプルにエンジョイしたいのが玲子(小島さん)。まだやろうという動機が明確にされていないのが諭吉(DAIGOさん)と愛瑠(香理奈さん)。来るなら来いやという勢いの旺次郎でしょうか。宇佐は抜けると宣言したとこで今回終わってしまったので次回参加してるかどうかは不明。

菊田も謎だらけですが、次に訳分からないのが芽衣でしょうか。気になる人が誰というのももちろんですけど、この期に及んでも宇佐と分かれようとする動機が不明。確か付き合いだしてた頃の彼は輝いてたのだが会社勤めしてから光りが失せ結果彼を駄目にしてしまったからとかいう理由で婚約解消した筈だったと記憶してるんですけど。芽衣の意図を汲み辞職し職は未だ見つかって無いけど確かに以前と比べて朗らかに宇佐はなってる風に見えるのに。それでも駄目というのが分からないとこではありますな。どうでもいい疑問なんですけど芽衣って普段何してるんでしょうか。お金持ちのお嬢様だから仕事とかしてないのかしらむ。

海里は旺次郎なんだろうなと映るんですけどどうなんでしょうねえ。それにしても旺次郎の部屋で何かが目覚めたような妖しい光りを放つ眼差しはゾクゾクっときましたです。普段が茫洋感に満ち溢れてるだけにその変身ぶりがすげえなあと。「吉高由里子」という役者さんはすげえぞなもし。またその眼を見て萎えてしまう旺次郎というのも煽ってましたですね海里の変貌振りを。

宇佐はなんでしょうねえ。人を惹き付けるモノを持ってそうな感じでありまして、芸能界とか役者さん目指せばいけるんじゃないのかとふと、無銭飲食で連行されたシーンの野次馬にシュプレヒコールかけてる様観てそう思えました。

諭吉のとこはこの不況化においても大丈夫なようです。時代に合わせて一気に貧乏に落とされて展開が大きく変わるのかと一瞬思ったんですがそうではなく最後までお金持ちのままみたいです。別に落ちろとは言ってませんです。ただ流行に敏感なトレンディドラマだとしたら時代に即すのかなと一瞬思ったまででして。決して不幸を観てみたい訳ではありません。

愛瑠は宇佐にあんなドッキリ仕掛けちゃったからもう今後宇佐に好意を持っても宇佐は相手にしないでしょうね。

 最後誰が誰とくっつくのかということにあまり興味はないのですが、友情だけは壊れないで欲しいところですな。隣人=友人という安易なこじつけするつもりはないんですけど、男女の間に友情は存在するのかしないのか。野島作品ってあまり知らないので脚本家さんはこういった友情というものを存在すると思ってられるのか思っておられないのか。それで大分最後のオチが変わってきそうな展開です。

|
|

« *なし | トップページ | 娯楽仮面コンケルド シーズンⅡ ② »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *なし | トップページ | 娯楽仮面コンケルド シーズンⅡ ② »