« *やあ馬鹿野郎じゃん | トップページ | だらとらあの違い »

キイナ・不可能犯罪捜査官 その5

 蛇足なお話しから。キイナが着てた外套の色は黄色?遠州弁で「黄色」は「きいない」と言う。で、「黄」だけだと「きいな」とも言う。つまりキイナだから「きいな」い服(黄色い服)着てるという洒落か?と遠州人は勘繰ってしまう今日この頃であります。

蛇足と言えば先週箸を持つ手が左であれ?と思ったのですけど。今回は右手でスプーン使ってました。事件だけでなくキイナという人物もなにかと謎の多いキャラクターであります。その瞬時に蓄える記憶はどれくらい頭の中に保存できるんでしょうか。ときたまあれなんだっけなあと一休さんポーズして曖昧な記憶を頼りに正確な知識を保管場所から引き出してるという様子が映し出されていますが記憶の賞味期限が気になるところでもあります。

 で、今回のターゲットは幽霊。といってもそれを隠れ蓑にした殺人事件の解明という展開でありました。動機云々に主点を置かずその手段の追及に勤しむところがどろどろ感がなくて心地よく観れますです。各キャラが立っていて人物見てるだけでも楽しいです。

 尊(ひらっち)のびびりが面白かったです。格闘に関しては男を見せてきた尊でありますが、ことこの手の話しにはびびりまくりというのは愛すべきキャラであります。最後の桜に脅かされて驚く様は、あれが芝居だったらホントひらっちうめえよなあと思える感じでした。予想としては小池さんのアドリブじゃないのかと思ってますけどどうなんでしょうねえ。

びびりといえば唯一キイナが驚いたのが真一郎さん(塚地さん)が背後から肩を叩いた時くらいでしたがキイナは幽霊に対してはそういう気にはならないんでしょうか。遭ってみたそうな勢いでしたけど。いないと結論付けたんだから今後はびびりおののくことはないんでしょうね。

脱線しますけど真一郎さんは科捜研にお勤めでキイナとは別の場所で仕事されてると思うんですけど先週辺りからなんかよく偶然出会いますですなあ。なんか真一郎さんキイナに言いたそうなので理由つけては警視庁にやってきてるとかしてるんでしょうかねえ。

 今回は推理というよりも犯人役の吹越さんが印象強かったです。飄々と減らず口叩くのは医者らしくないですけど追い詰められて白状する辺りはうめえなあと思いましたです。まあああいったお調子者だからうっかりミスで医療ミス起こすし平気で隠匿するんだろうなという説得力はありましたけど、これでこのドラマ医者が犯人というのは二人目なんですが随分と印象が違うもんです。もっとも医療の進歩の為という常識を超えた思い込みというのと自己保身の為に隠匿を画策するというのとでは違って当然ではありますが。

とにかく隠蔽の為に幽霊話しを持ち出すというアイデアは素っ頓狂なものでありましたが策士策に溺れるというか目には目をというかネットで噂を広めた手口を逆に利用されて窮地に陥るというのは狸と狐の化かし合いみたいな感じでした。もちろんキイナの方が上手でしたけど。

 あの看護師なんかじゃない名前で呼べとおっしゃられてましたけど「こうどぶるー」でも「とぅもろー」でも患者と呼ぶな名前で呼ぼうとかいうメッセージ聞いた記憶がありまして、大切な心持ちなんだろうなと思いましたです。でも私は客は客と呼んで名前では呼ばないす。個人情報がどうたらこうたらこうるさくて。病院なんかでも診察の順番待ちの診察者を呼ぶ時名前で呼べなくなりつつあると聞きます。大切な心持ちなんでしょうが現実とは少し離れつつあるような真実かもしれません。

 これがきっかけで世の中本来あるべき方向に変わっていけばいいんでしょうけどそんなに世の中うまくはいかないでしょうねきっと。流れに抗うのはしんどい限りですから。でも言うことは悪いことではないですからよかったんじゃないでしょうかあのセリフは。

 幽霊の正体見たり思い込み。そんな感じなんでしょうかねえ。鏡とモーター音の共鳴と空調の換気ダストのクロストークなんたらとかいう現象などなど説明されてましたけど、できれば後ろから誰もいないはずなのに肩叩かれたのを詳しく説明して欲しかったです。病院という特殊な場所だから起こり得ると言われてましたけど病院以外だと説明つかないんでしょうか。なんてあざといつっこみしたくなってしまいました。

 でも管理官と係長のひそひそ話しはなんか今後大きなヤマが訪れそうな匂いを放っていました。二人が出会えた奇跡とキイナがあの時いたらというこのキーワードは重要なんでしょうね多分。

 要約するとこの回はひらっちと吹越さんが光ってた回でありました。何度も書きますがひらっちのおちゃめ具合が抜群でいじられ上手だなあと改めて思いました。コメディーもまかしょという勢いは流石SG出身者。頼もしい限りです。

|
|

« *やあ馬鹿野郎じゃん | トップページ | だらとらあの違い »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *やあ馬鹿野郎じゃん | トップページ | だらとらあの違い »