« *せわんない | トップページ | *てっだって・てんだって »

キイナ・不可能犯罪捜査官 その4

 雑用に忙殺されることなく部署の中で自由闊達に行動できてるってとこがなんか羨ましい限りです。それをさせている管理官(草刈さん)と係長(沢村さん)はキイナ(菅野さん)の理解者ということなんでしょうね。

係長はえらくつっけんどんな態度取るもんだからキイナのこと腫れ物に触るようなお荷物扱いしてるのかとも思えたんですけど、シンプルにハードボイルドされてただけなんですかねえ。なんか印象が変わってきましたです。もちろんその方が観易くていいです。

尊(ひらっち)のように命令されなきゃ精が出ないタイプでは決して無いキイナでしょうからもしかしたら上司に恵まれて居心地はいいのかもしれません。まあ同僚?達からは煙たい目で見られてるようで必ずしもそうとは言い切れませんが。

 ドラマの流れとしては、犯人が誰?というより、ではどうやって?というトリックを暴くことを主とするパターンになりつつあるんでしょうか。最後犯人は貴方ですね?と問うて「そうよ私よ」と言わしめるお約束の展開ではありますが「不可解」を解くという命題に添って感情論や精神論から動機を人情を搦めて追い込むタイプではないところはすっきりする後味であります。

追い込むタイプというより「不可能」を「可能」にするために専門知識を一気に吸収して自分が仮想犯人になってみるという憑依型の探偵さんと言う感じでしょうか。この憑依(なりきり)の持続性がどれくらいあるのか知りませんが少なくとも警察辞めても占い師として食べていけそうではありました。

 今回の事件がややこしくなったのは殺す相手を間違えたという誤爆が生じたせいなんですけれども、どうも分からないのは誤爆したと何故占い中に知っていたのか。という風に見えたんですけど。

というのも、桜に占い中に言ったセリフは「貴方の身近な人に死が近づいている。」。桜は死んだ美和子(黒坂さん)の友達でありこんにゃく者の啓介(前川さん)とも身近な存在かどうかは不明。桜じゃなくとも美和子に死がと普通はそう思うでしょうに。麗華(南野さん)は美和子の紹介で桜が来た事を知っていたのだからそういう発言すれば美和子が危ないと言ってるのではと思わせれる筈。そうなると観てる者にとっては今時点では誤爆ではなく美和子をターゲットにした殺人という風に映る。部屋に入った時に麗華の表情とかは映されていなかったから誤爆とその時気づいたのかどうか不明。終わってみればあそこで愕然として壁に身が崩れていったことからあの時点で誤爆と気づいたのでしょうけど。

すっきり騙されるなら「貴方の身近な人に死への痛みが近づいている。」とかで美和子の大切な人(こんにゃく者)が死んで悲しみの痛みが訪れるみたいな玉虫色を濃い目にした方がよりよかったのかなと思ってしまいました。

でも思惑通りならこんにゃく者が死んで美和子は泣き喚いてるか病院にかっとんでる筈で指紋がどうたらこうたら言っても美和子は麗華と顔見知りということを隠さない筈だから現場に行って指紋つけなきゃいけない理由も赤の他人の振りする必要もないよなあと。あ!頭こんがらがってきた。

 青と赤で男用と女用が無意識に分けられるというのはコロンブスの卵的でなるほどなあと感心しきりでありました。流石占い師それを知ってたのかというべきかそれとも彼女も無意識にそう思って行動したのかまでは分かりませんが。

 脱線話しですけどキイナ最後の食堂でのシーン左手に箸を持ってたみたく映りましたけどそういう役柄設定(左利きもしくは両手使える)なんでしょうか。スパゲッティみたいなの真一郎さんと同席して食べてた時もフォーク左で持ってたみたいだし。それとも役柄ではなくて小池さんみたく菅野さんご自身がサウスポーなんでしょうか。今まで右利きだとばかり思ってたんであれ?という感じでした。ちなみにドラマの前にやってたバラエティ番組でたこ焼き食べてる菅野さんは右にお箸を持ってられました。時代考証的や職業的な理由で右利きにというのは見かけたことあるんですけど現代劇で左利きに設定するその理由はなんなんでしょうか。確かに両手器用に使いこなせば賢そうに見えるし頭にもいい刺激がありそうですけど。菅野さんご本人に右手上のトラブルが生じている風には見えませんでしたから役作りなんでしょうねおそらくは。

気になったついでで言うとなんで分かれたのかという本編上の疑問。嫌いになった訳じゃなくなんか真一郎さん(塚地さん)の方に理由があってのことらしいんですけどなんなんでしょうかねえ。なんか気になります。

しょーも無いツッコミしますとテレビ用に行なわれてた公開タロット占いで、予言されたカードが現れた際一番後ろに陣取っていた桜(小池さん)や尊がなんでそのカードだという視認があの距離からできたんでしょうかねえ。無理っぽくみえたんですけど。

 今後こういうの観たいという希望としましては、今まで未解決だった事件が尊が加わったことによって解決の糸口が見えてくるという展開を観てみたいなあと。

宇宙人の仕業ってのも見てみたいですなあ。

|
|

« *せわんない | トップページ | *てっだって・てんだって »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *せわんない | トップページ | *てっだって・てんだって »