« ありふれた奇跡 その2 | トップページ | ラブシャッフル その1 »

*むつからしい

「そんなねえむつからしいこんゆわれたってわからんやあ。」

もちろん「こむつかしい」とかの方がよく使われるのであるが、こういう言い方も存在する。ではそのニュアンスを説明せよといわれても難しい。

「こむつかしい」が聞いたけど分からんとか理解しようと試みたがダメだったというニュアンスである事が多いのに対して「むつからしい」は、ある意味さじを投げてるというか私のレベルじゃないからといった風の聞く耳持たない白旗状態を示す場合が多い。

そういう意味からすると「むつかしいらしい」と訳すこともできなくはない。

つまり他人事みたいな言い方で使われることが多いのでは。

例文

「あんたねえ、わしにそんなむつからしいこんゆうたって分かると思うう?」

  (あのねえ。俺にそんな難しいらしいこと理解出来るとは思わないだろ。)

「意味知らんくてもやらにゃかんらあ。」

  (意味が分からなくてもやらないと駄目だろ。)

「だいたいがあんたあ。わしにこれやらすっつうんがそもそもおかしいらあ。」

  (そもそも俺にこういうことやらそうって事自体おかしいいと思わない?)

「他に誰いるでえ。おめえしかおりもへんに。」

  (他に誰がいるんだよ。お前しかいないじゃないか。)

「人雇いまい。会社もけちくさいこん言わんで。」

  (会社もさ、けちなこと言わないで人雇おうよ。)

「そんななあえらいさんにゆって。ペーペー同士じゃどうもならんこんだで。ひゃあひゃあいってんでやれやあ。なあ。」

  (そういうのは偉い人に言ってくれ。ヒラ同士じゃどうしようもないことだから。ぶつぶつ言ってないでやれよ。分かった?)

|
|

« ありふれた奇跡 その2 | トップページ | ラブシャッフル その1 »

1-2・遠州弁ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ありふれた奇跡 その2 | トップページ | ラブシャッフル その1 »