« 「アナログ」表示 | トップページ | *えばる その2 »

アフタースクール

前作の「運命じゃない人」に続いてその物語の展開の転換力の凄さに見事にたばかられる内田けんじ監督の映画です。DVDのジャケットには「甘くみてるとダマされちゃいますよ」と謳ってあるけど騙されない人なんているんだろうかと謳い文句にツッコミいれときます。

お話しの内容というか流れを書いてしまうとどこを書いてもネ○ばれになりそうなので臥しますが。これは説明(講釈)を要しないでも決して期待を裏切らない面白い映画だと思えます。宣伝するつむりは毛頭サラサラ無いから毛がもじゃるんですけど(なんのこっちゃい)とにかく一見の価値ありですわ。普通展開を愉しむ作品ってそう何回も観て愉しめないことが多いのですが二度三度と観る度に違う視点で観れてしまうという不思議な映画です。

内容はそういうことで努めて述べませんので、お得意のどうでもいい感想を羅列しときます。

*私はおっかない系の世界やそういう筋の人間も好きくないので途中までは正直デロデロでした。いくらかっこよくてもアウトローの美学にはついていけないんですが後半部になってその影が薄れてきて大丈夫でした。内田監督作品を観たのはこれが二作目なんですが前回もその筋のお方が出張ってこられておうじょうこういた記憶が甦ります。切った張ったのドンパチが描かれてる訳じゃなく世間から外れた人間の背景として使われてると思えるのですが、こういう職種じゃなくても職業柄とかから世間離れしてる人物ひねり出せるんじゃないかと思っているので一考を期待したいところです。男を売る職業はこういう世界ばかりじゃない筈ですから。

*キャスティングが凄いす。

大泉洋さん。悪党にはまず見えないし野望とか出世とかにも縁がないようにも見える。それでいて世話好きというキャラクターでしょうかこの役は。しかも男気を最後ばばんと見せる一面も提示される訳でありますが、観る側からすれば平々凡々な小市民が騒動に巻き込まれて場違いな場所であたふたする様を観賞していくという道化師的(コメディじゃないですが)な要素も必要とされるキャラクター。違和感ないというよりもまさにという勢いを感じます。

堺雅人さん。なんにでも化けれるお方なんで役柄と合うかどうかなんて事考えること自体が馬鹿らしい話であります。一応登場してくる人物達の疑惑度の高さからいうと上位に食い込む不思議ちゃんなのですが、そういう未知数的な部分を表わしつつ人物本人の性格が誠実すぎて損するタイプという出していいオーラと封印すべきオーラの出し入れが絶妙だなあと思いました。

佐々木蔵之介さん。アウトロー。一匹狼としては大泉さんが演じた一見小市民タイプがホント大嫌いというのが伝わってきました。すべての表現が命令口調に聞こえるのは耳のせいでしょうかプライドの高さが伺えました。確かにその日を精一杯全力で生きるみたいな疾走感を感じますが平凡人から見ればその日暮らしにも思えます。こういう人にもエンディングではハッピーエンドとか用意されてるんだろうかと思って観てましたが、結果はふ~んそうなんだでした。らしいといえば納得の決着でしたけど前半はこの人にくっついて映画観てたんで多少は愛着が湧いてたりもしてるんで、そういう意味からすると別の選択肢(解放とか脱出)で観たかったかなあという感じもしますです。

常盤貴子さん。お綺麗でしたなあ。役の上でもお綺麗でなければならなかったんですけど。見た目の美しさという問題ではなくて、その心持ちの問題でありまして。世間の不条理に揉まれてすれっからしに変身していたらお話しにならない訳でありましてそういう何気ないものだけど崩れやすい気高さを失わない気品が見事映ってましたです。

田端智子さん。DVDパケージの表紙に映ってる鮮やかな緑の服の装いにハッとするのですが、家のテレビの色味調整がずぼらなせいなんでしょうかパッケージに映ってるような艶やかさが作品では観れませんでした。残念。多分直接拝見したらお綺麗なんでしょうね。でも映画では一般ピーポといったごく普通の女性のオーラが発せられていてよかったです。常盤さんとのツーショットだとその今まで生きてきた様の違いがよく滲んでた感じがしました。でも緑の服を着ておられる時は謎めいた妖しげなオーラであるべきで。パッケージの写真からはそういう空気感を感じ取れるんですが本編ではそのニュアンスが薄れたのはもったいなかでした。きちんと調整しろよと言われたらそれまでの勝手な感想ですけど。

他の役者さんとかもすんげえお方ばかりですが全て書いてたらその10位の量の記事になってしまうのでこの辺で。オーディオコメンタリーで説明もされてますけど舞台の世界でご活躍されておられる方とかが大挙出演なされているようでありまして名前は存じ上げなかったけどインパクトの強さからお顔には見覚えのあるというお方が多かったです。

*特典

まずはオーディオコメンタリー。内田監督と大泉さんのお二人のコメンタリーです。基本的に大泉さんはさんまさんと同じで自分大好き系のお人のようです。多分人の悪口とか言わない(言う暇があったら自分のことを言いたい)タイプだと思えてきます。内容につきましては各シーンの意図とか如何に撮るかの解説というよりもコメンタリーの最後にもおっしゃられておられましたが大泉さんの映画をテーマにしたラジオトークという装いで楽しいものです。なので作り上げる上での解説という作る側の苦労を推し量る内容ではなく純粋にトークを楽しむものでしょう。

次DVDに2枚目の方ではメイキング75分・試写会舞台挨拶の模様とインタビュー15分・テレビスポットと劇場用スポット4編・公開ホームルーム9分・ゆうばり映画祭での模様10分(時間はおおよそ)が収められております。

メイキングを見ると大泉さんのエンタテイメント性がとてもよく分かるのですがそれも現場の雰囲気が和んでいるからこそという側面も伺えますし、役者さんの演技への取り組みが垣間見えてくるようで楽しいだけでなく映画作りの模様を見ることが出来ていいですたい。気になったのは、常盤さんと田端さんが早いうちにアップされてこれでむつけき野郎ばかりの現場になって淋しいと大泉さんが愚痴こぼされてましたけど、映像で見る限り女性のスタッフさん一杯おられた風に見えたんですが。そんなに女優さんと呼ばれる方には普通の人とは違う華が備わっているもんなんでしょうか。

試写会舞台挨拶とインタビューにつきましては、監督のインタビューの模様が秀逸です。脚本への取り組み方とか撮影中の目線の位置(誰に向かって)とかとても理解できるお話しでした。私の好きな監督さんってそういう心持ちでおられると発言されてる方が多く、内田監督も勝手ながら私のお気に入りの監督に入ると確信いたしました。

|
|

« 「アナログ」表示 | トップページ | *えばる その2 »

3・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「アナログ」表示 | トップページ | *えばる その2 »