« トライアングル その1 | トップページ | *ようきた »

*ながし(食いながし記事の補足)

~しっぱなし・~し続けると言う意味である。台所にある「ながし」ではない。まあ温泉かけながしとかいう言葉があるくらいだから方言というほどのものではなかろうが一応記載。

「食いっぱなし」だと「食いながし」「やりっぱなし」だと「やりながし」と言う風になる。

さすがに「流しっぱなし」を「流しながし」とは言わない。こういう場合は「水出しながし」と言う。

古い遠州弁だと「さっきいからきながしきつら」(さっきから続々と来てるだろ)という一瞬何言ってるのか遠州人でもきょとんとする言い回しが作れる、

例文

「これさあ。水。ここんさあにかけながしでええだか?」

  (これさあ。ここに水掛けっぱなしでいいの?)

「どうだかいやあ。ちっと聞いてくんわ。」

  (どうだろねえ、ちょっと聞いてくるわ。)

暫し後

「やっぱかんだって。だで止めといて。」

  (やっぱり駄目だって。だから止めておいてよ。)

「それがさあ止め方分からんだよ。」

  (それがさあ、止め方分からないんだ。)

「わしも知らんだよ。ちっと聞きいくわ。」

  (私も知らないからちょっと聞いてくるね。)

暫し後

「そこんさあの用水路にいくようにホースほかしゃあええだって。」

  (そこの用水路に流れるようにホース置いとけばいいんだって。)

「止めんでもええだって?なんだあ。がんこ持ちながしだったではあ手ええらいわあ。」

  (止めなくてもいいだって?ああそうなの。随分長いこと持ってたんで手が疲れた。)

|
|

« トライアングル その1 | トップページ | *ようきた »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トライアングル その1 | トップページ | *ようきた »