« *こんぞう | トップページ | *ずるっけえ »

堤監督が来静されとらした

そういえば昨日(1/21)の話しではありま駿河、静岡○ごとワイドに堤監督が出とらした。(ま、録画したのを見てるんですけどね。)

日本一忙しい監督と評されるお方が「20世紀少年第2章」のプロモーションでこないな地方局を巡られるというのは驚きと言う他ないような気がします。正直そこまでせんでもお客さん来るだろうにと思うのですが、手を緩めないプロの凄みなのかこの映画に関わっていたいという作品に対する愛情なのかそこいら辺はよく分かんないんですがとにかく伝えたいと言う覇気は伝わって参りました。

驚いてばかりもなんですのであれなんですが。午前中から静岡にお越し為されてたと言うことでなんかイベントとかがあったんでしょうか。ずうっと様々なインタビュー漬けでしゃべりっぱなしとのこと。

「壮大な学園祭。」集まったエキストラの数総勢16.000人。スタッフもキャストもエキストラも20世紀少年大好きが集ってこの世界観を作り上げたという表現でありますが、そのさりげない言葉が印象的でした。エキストラだと時には役者さん目当てとかいう邪まな動機で集まるというよりたかるような集団とかもあったりして、そういう集団が実際に画になると不自然で作品自体げんなりしたりする時があるのですが、この映画は作品のためにということで邪心がなさそうで期待出来そうだなと思えました。

今回は非常に小気味いいテンポ感を意識されたと言うことでありますが原作10巻分が詰め込まれていると言う濃密な内容だそうであります。

原作とも少し違うオリジナルな部分も存在してるとのこと。

最後に監督から謎めいたメッセージ、「声に注目。」。なんなんでしょうね。

大体11分程のご出演でしたがまだまだ伝え足りないかのような熱意が感じられて作品を作り上げた手ごたえというものが伝わってきましたです。

平愛梨さんも共に出演されておられました。

|
|

« *こんぞう | トップページ | *ずるっけえ »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *こんぞう | トップページ | *ずるっけえ »