« だあたあきた | トップページ | メイちゃんの執事 その3 »

トライアングル その4

蠢く闇が妄想で膨らむ一方です。さながら釣りをして、見事ヒットして釣り上げようとしても予想してた以上の大物過ぎてなかなか浮かんで来ず、格闘してる間浮かび上がってくるその姿をつい妄想して膨らませてしまうような夢見る状態でしょうか。さすがにドラマですから逃した魚は大きいということじゃなくきっちり釣り上げてその全容を明かしてはくれるでしょうけど。果てさて何がかかっているのやら興味津々です。餌は今のところサチ(広末さん)のようにも思えます。さながら釣り師が郷田(江口さん)で乗ってる舟は警察丸で船頭は黒木(稲垣さん)か丸山(小日向さん)か。船主は黒木のお父さん(北大路さん)ってか。いやちょっと悪乗りしました。

音楽がパワーありますです。惹き込まれるし突き放されるし煽られるしといいように操られてるような気分です。エンディングの曲がまたドラマの重厚さを増すようで余韻が残りますですな。

ところで観てる側の立ち位置ですけど、どこにも身の置き場がないんですけど。普通だったら郷田(江口さん)なんでしょうけどよく分からなさ過ぎて後くっついていける安心感が得られないんですわ。心の内を明かさない主人公についていくってのは結構しんどいもんなんですけど、こういう意図なんでしょうね多分。それでいてこの空気感についていける(いこうという気になる)のはどうしてなんでしょうかねえ。やっぱり謎を知りたいという好奇心が強いということなんでしょうか。まあとにかく面白いです頭爆ぜそうなのは相変わらずですけどいいですわ。

お話しの流れは、前回現れた痣のある男の出現でどう転がっていくんだろう。あっけなく犯人こいつってなるのかしらむ。郷田は時効になった犯人を追ってるんじゃなくその裏にある何かをあぶりだそうとする様を描いていくのかなって思ったんですけど。この回は謎引き摺ったままでふ~ん引っ張るんだあと。なんて思ってたら最後にお母さん(風吹さん)が衝撃の告白かまして唖然のまま次回へ続く。なんだそれ?黒木のお父さんは当時なんかやらかしたみたいで口封じじみたことに奔走してるみたいだし。なんだよそれパート2ですな。

で、引き続きの疑問集

1での?・まずもって郷田はなにをしようとしているのか。ずうっと追い続けているらしいのだが何を。

4での答え・郷田は早智絵しか見ていないのか。確かにそう見えるけどどうなんでしょうねえ。自分は刑事じゃないという台詞ありましたけどやっぱどうしたいのか相変わらず疑問のままです。警察官じゃなくインターポールでなければならない(警察の人間では困る)理由とかもあるんでしょかねえ。

1での?・あの事件のことを掘り起こそうと黒木刑事(稲垣さん)に電話してきたのは誰で目的はなにか。

4での答え・進展なし。今も疑問のまま。候補は郷田・富岡・お父さんくらいか。

1での?・富岡(谷原さん)が本にしようとしたその内容とはなにか。郷田は何故それを読みたかったのか。

4での答え・進展なし。今も疑問のまま。郷田が頼んだ記事は直ぐ?載せれた訳だからその筋ではそれなりの力がありそうなのですが、じゃなんで本にしない?本でなくても連載記事にすればいいのにってそれじゃ金にならないか。少なくとも郷田はもう興味が失せてるようですけど。

1での?・タイトルのトライアングルって何を意味してるのか。

3での答え・まったくの進展なし。

2からの?・志摩野って何者?

3での答え・不明のまま。ただしサチという人物にだけ反応しており事件は余計なものという考えを持っていそう。実は訳アリの名乗り出れないサチの親族だったりなんかして?

2からの?・殺そうとした理由は?そして誰が?何のために?

4での答え・依頼主は痣のある男(宅麻さん)。依頼された男は威嚇のつもりが郷田が飛び出てきて誤って刺してしまったみたいっぽいに思えました。目的は手紙の抹殺であってサチの消去ではなさそうです。これで決着でいいんでしょうね。それにしてもエレベーターでの警告は始めからそう決めてた行動なんでしょうかそれとも郷田というおまけが付いたから変更したのか。にしちゃあ準備万端だからやっぱはなから威嚇警告ということだったんでしょうか。まだ次週以降も手紙に粘る(こだわる)のでしょうか。でも使われてないであろうビルを勝って知ったるようにエレベーターいじくることが出来る(電気も)ってどういう人なんでしょう。落ちぶれた格好してるけど世を忍ぶ仮の姿なんでしょうかねえ。

2からの?・サチの養母(風吹さん)の心の病はあの事件があって以降?それとも事件が起こる前から?

4での答え・なんとなく事件後というより事件前から発症してたっぽい感じです。

3からの?・富岡(谷原さん)はどこまで真実を知っているのか。

4での答え・痣のある男の存在は初耳っぽかった風に感じられたので全てを知った上での本にするしないといってる訳ではなさそう。むしろ肝心な部分が欠けていてそれを未だ探っている状態っぽい。そう考えると再び事件が動き出すように仕向けるために電話したのは富岡?とも考えられる。

で、追加というかこの回での新たな疑問。郷田の目にはサチは早智絵の影としか映っていないのか。黒木の父上(北大路さん)が此処へ来て事件もみ消しを謀ったとも伺える様相を呈してきて果たしてその真相は如何に。

|
|

« だあたあきた | トップページ | メイちゃんの執事 その3 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だあたあきた | トップページ | メイちゃんの執事 その3 »