« *えらそうこく | トップページ | *ちんちん »

キイナ・不可能犯罪捜査官 その2

ポルダーガイストやらなんやら摩訶不思議な超常現象+思い込みによる心理的抑圧の解放という展開でありました。

あまりお話しの内容についてはふ~んで感心する以外にないのでいつものたあけた感想をば。

ちゃん付けじゃなくてさん付けなんですねあんな小さな娘なのに。一人の人間として人格を尊重し目上視線でなく敬意を払うというのが理由なんだろうけど、助けてあげると言うのなら親愛の情を伝えたほうがいいのではと思ってしまいます。最近よくある警察密着とか謳われてる番組で、そこに出てこられる実際の警察官さんはその殆どが方言を駆使されてます。身近である証とも思えて好感が持てるのですが。だからちょっとさん付けは距離感(事務的)を感じてしまいました。トウキョウの警察さんはこうなんでせうか。よそよそしいというかせちがらいですなあなんか。

記憶が事実と異なる。自分が殺した訳でもないのにそう思い込んで事実を捻じ曲げて本当であるかのように思い込んでしまう。普通想い出や古い記憶とかは自分の都合のいいように変えてしまうものですがこの場合は逆でした。なんかとんでもないことが起きると体の防衛機能が働いて記憶や意識をシャットアウトしてしまうとうことがあります。そのあとに非常に強い罪の意識が働いて自己嫌悪に陥ってあのような別人格さえ生まれるほど自分を責めた嘘の真実を作り上げたということなんでしょうか。それにしても声が変わるのは目新しい表現ではないですがやはりドキっときますなあ。

リアルな話し私もバイク事故に遭遇した時、危ないと感じてブレーキをかけたまでは記憶があるのですがその後の記憶は全くの空白で断片すらなく気がついたら対向車線側の民家の塀に激突してて野次馬さんに大丈夫かと声を掛けられた後だったということがありました。声を掛けられた時気を失っていたのは確かですが、相手とぶつかったのもそれから転倒することもなく道路を横切り塀にどうぶつかっていったのか記憶が欠落していました。

なので記憶が飛ぶという経験は私あります。ホント不思議な経験でした。でもだからといってその空白を補うために悪い方に記憶を作り上げるというのは信じがたいとこではありますな。もっとも私の場合空白は空白でしょうがないと思って想像を働かせることはなく警察にも素直に記憶がないんですと言って済みましたのでなにかしらの帳尻というか納得を求める必要はなかったんですけど。

なのでこういう話しは体験上半分私信じます。信じない半分は悪い方に意識を導くということ。

ドラマの方に話し戻しますけど、病は気からと申しますが、真相判明報告会議の席で皆言ってたけど思い込みを取り払うのは警察の仕事じゃないという。もっともだと。どうすんだろうと思ってたらそれを見事解決に導く展開でありましたな。

突っ込む訳じゃないですけど科学で説明がつくとは申せあんな異常現象が立て続けに起こりしかも新築というならば普通住宅会社の方にクレームの嵐攻撃するのがまともだと思うんですけど耐え忍んでおられたんでしょうかねえご両親は。我慢強い人達だと感心しきりです。まあこういう親だからこそ過剰な罪の意識の捉われてしまう心優しき子供が生まれるという理屈は納得ですけど。

キャラクター及び役者さんの方の話しでありますが、尊(ひらっち)前回でキイナ(菅野さん)の才に至極感服したようです。「過ちを改むるに憚ることなかれ」を即座に実行したようです。出来ればもう少しエリートのプライドを持ってキイナなにするものぞと抵抗して欲しかったです。ひらっちが演られると恋には絶対発展しそうもない印象を受けるので男女のコンビですが色恋沙汰に走ることなく素直に相棒として観れるのがいいです(言い方替えれば人畜無害キャラが良い)。今後どうなるかは知りませんが。(なって欲しくはないです。)

キイナは今回糖分補給のシーンはあまりなく状況も状況でしたからのんびり感が薄めの印象に映りました。キャラが変わったのかなと思える一歩手前といった印象でしょうか、はきはき感が伺えました。やるときゃやる人なんだなと。個人的にはのんびり感漂う方が好みなんですけど。新たに分かったことは怪奇現象を怖がらない人だということ。先入観とかは持たず怖いものなんて存在しないのかな。なんで振られたのかは不明。というかそうは見えないんですけど。この謎はいつ明かされるのでしょうか。

今回は具体的な犯人というものがいなかったこともあってより犯人を断罪するということより被害者を守るというのがキイナの頑張る動機のように映ります。頭が爆ぜるくらいの知識を詰め込み、尚且つ人の心の苦しみさえをも感じようとするってえのは容量オーバーにならないのか心配になるくらいの感じです。ところで一度こらしょと詰め込んだ知識どれくらい知識として頭の中に保管されるんでしょうかその保存期間に興味がありますです。カメラを忘れる位意識しない事については激しく無頓着らしく、そいうとこで帳面(ちょうづら)合わせてバランス取ってるんでしょうかねえ。とにかく不思議ちゃんキャラが面白いです。

不思議といえば、こんだけ優秀な人が何ゆえ別班とかに祭り上げられてるんでしょうか。そうなった経緯とかも知りたいところではあります。協調性とかがないからなんでしょうか。

|
|

« *えらそうこく | トップページ | *ちんちん »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *えらそうこく | トップページ | *ちんちん »