« トライアングル その3 | トップページ | キイナ・不可能犯罪捜査官 その1 »

メイちゃんの執事 その2

お嬢様を目指す。それが分かる仕組みとしてベルにつく宝石の色と数で表わされるということらしい。明快な経験値積み上げて勇者を目指すロールプレイングゲームのようでもありますが、冒険の旅に出るのではなく学校という名の奥深き暗いダンジョンにて試練が繰り広げられるかのようであります。

執事の衣服が使える主のレベルに応じて替わるのもゲーム的に映ります。でも執事そのものにもランク付けがなされており主人公の執事が上級クラスなのに最下層からプレイが始まるというのはなんだかなあです。でももし上限レベルが100とするとレベル90くらいなら装備がいくら素手でも雑魚キャラ倒すに苦労はなさそうですが。

効果はないにせよ、あくまで精神的ダメージをあの手この手で与えあわよくば追い出しを謀らんとするクラスメイトの陰湿さが強調されてくるようで湿気た感じがましますです。もっと体育会系の快活でかつおおらかさが欲しいなとついぞ思ってしまうのでありました。

榮倉さんと水嶋さんのキャラが立ってますです。結構このお二人眺めてるだけでもこのドラマ楽しめますです。それにしても榮倉さんの「庶民」は画になりますなあ。気の弛み加減がよく伝わってきます。対する水嶋さんの生活感が皆無に思える空気感も滅私奉公の雰囲気を炙り出している様でその対比のバランスが漫画チックで楽しいです。これで佐藤さんのキャラに馴れてきたらもっと楽しさが増しそうだなと。

メイに対抗するお嬢様達がらしく見えない(見せない)のは何故でしょう。まるでメイの視線と同じみたいに下がっていて品がいまいち(要はお下品)で、お嬢様としての高みから見下す視線パワーが削がれている感じがするのはどういう演出意図なんでしょう。所詮お嬢様ゆうたかて大して変わらんということを謳ってるんでしょうか。

それにしても「飼う」という表現はいやらしい感じがしますです。お嬢様になるのにそういった傲慢さが必要であるならば苦労を背負っても庶民でいる方がいいんじゃないかと思えてきます。人に向かって吐く言葉ではないでしょうに。

一心同体、又は忠義の証ということで決闘というものが描かれていたのでしょうけど、そもそもの始まりが売り言葉に買い言葉みたいなことから始まったみたいに思えてきて。それで真剣で命を懸けると言う様はまるで貴族が闘技場での奴隷たちが争うイベントを楽しむが如きようでえぐいなと思えました。お子ちゃまお嬢様を此処から先は駄目と言って連れ出す執事は人としてナイスでしたけど。それと主以外のお嬢様候補生に対しての礼を失した物言いは執事というよりやはりマネージャーに映ります。痩せても枯れても未熟でも態度や物言いには品格が備わって欲しいですな。もっとも、そんなだから執事の格付けランクが上がってないという説得力はありますけど。

前回は本人同士の対決で今回は従者が主に成り代わっての対決ということでしたが。人の為に忠誠を尽くすとはというテーマであろうと推察されますが、こうなる前に人としてまず「たしなめる」というのも忠義と思えるんですけどどうなんでしょうかねえ。「仕える」ということはどういうことなのかもっと誠実な形で表現してもらえれば有難いなと思いました。完璧に絵としての漫画であるならこういう違和感感じないんでしょうけど人が実際に動くと道理がついてこないと違和感を感じるのかなとも思いました。

最後に種明かしが用意されていましたが、こんな早くに正体明かすのかと。まあ視界クリアでいいんですけどね。さながらお館の乱の勃発か。いずれが景勝影虎なりや。さしずめ理人は兼続か。局を跨いでの色々な跡目争いを観賞する事になろうとはいやはや奇遇ですなあ。

単なるレベルアップを愛でるという展開でないことだけは確かなようです。ラスボスキャラなんでしょうかねえ。それとも第1ステージクリアの条件のボスキャラなのか。上に行くには相当の宝石粒集めないと駄目そうですけどこのドラマ全何話なんでしょうかねえ。なにしろ執事が命を賭しても獲得数は1個ですから。

この回は人物表現がごった煮風味でなく絞った感じで見やすかったです。教室とかのあの狭い空間にあれだけの人数がひしめき合っていてそれらをひとつづつ拾ってたら思惑のるつぼで疲れますから。

この世界感に馴れるのにはまだ時間要りそうですけど面白そうなドラマだなと思えます。

一度書いたけどアップしようとしたらエラーが出てデータが消えちゃったんでがっくりきながらも書き直ししてアップしました。もうちょっと色々書いてた筈なんですが戦意喪失も手伝って思い出せません。勘弁してくださいなホントお願いしますよココログ様。

|
|

« トライアングル その3 | トップページ | キイナ・不可能犯罪捜査官 その1 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トライアングル その3 | トップページ | キイナ・不可能犯罪捜査官 その1 »