« 一月はなに観よか | トップページ | チーム・バチスタの栄光その10 »

*うちら

自分たちと言う意味で、これは共通語であって遠州弁ということではないが、イントネーションが関西とは異なると思われるので一応記載。「う」にポイントがつくのではなく平坦であることが多い。しいて強めの箇所を探すとすれば「ち」であろうか。

なんとなく女性言葉のような気がするが実際は男女共用で使われている。

例文

「こんだあうちらん番だにい。」

  (今度は私達の順番だよ。)

「パスせまい。」

  (棄権しようよ。)

「そうしちゃわまい。」

  (そうしようよ。)

「ちゃっちゃとやっておわらせまいや。」

  (とっととやって終わらせようよ。)

「あんたらねえ、ぶつくさこいとらんで行くにい。」

  (あんたらねえ。ぶつぶつ言ってないで行くよ。)

|
|

« 一月はなに観よか | トップページ | チーム・バチスタの栄光その10 »

1-2・遠州弁う行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一月はなに観よか | トップページ | チーム・バチスタの栄光その10 »