« 犬神家の一族(2006年版) | トップページ | 2008年の締め記事 »

*しらなんだ

知らなかったと言う意味。気づかなかったというニュアンスで使う場合もある。まあ共通語の範疇であろうが以下のごとく変形すると方言らしくなる言葉と思い記載。

「知らなかったのか」は「知らなんだだ?」と表現する。

「しらんだ?」だと「知らないのか」という意味になる。

どちらも「しらなんだだけえ」・「しらんだけえ?」もしくは「しらなんだだあ」・「しらんだあ」を略した形と想像される。ただし「だあ」よりは弱めのニュアンスにはなるので「だあ」の略という考えは説得力に乏しい。どちらもあくまで想像であり根拠は無いのであしからず。

普通の使い方は「ああしらなんだ」(ああ気が付かなかった)という使い方や「あんたしらなんだじゃ済まんだにい」(あのねえ知らなかったじゃ済まされないんだよ)とかいった使い方をする。

例文

「さっきいうちんとこのがきんちょこっち歩いてこんかった?」

  (さっきうちの子供こっちに歩いてこなかったかい。)

「いやあ。しらなんだ。来ただ?」

  (いや気づかなかったなあ。来たの?)

「来た筈だけえがいやせんだよ。どこん逃げくさっただかいやあ。」

  (来た筈なんだけどね。どこへ逃げやがったのかなあ。)

「なんか悪さしたあ。」

  (なんか悪いことしたのかい。)

「いんやあ使い頼ますかと思ってえ。」

  (いやそうじゃなくてお使い頼もうかと思ってたんだけど。)

「察してとんずらこいただか。頭いいじゃん。」

  (察知して逃亡したのか。なかなか賢いじゃないか。)

「こすいだけでえ。誰に似ただか。」

  (ずるがしこいだけだよ。誰に似たやら。)

「おめえにだら。」

  (君にだろ。)

「失礼しちゃうやあ。」

  (随分じゃないか。)

「あれ知らなんだだ?みんなよー似とるっつってるにい。」

  (おや知らないの?皆よく似てるって言ってるよ。)

|
|

« 犬神家の一族(2006年版) | トップページ | 2008年の締め記事 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬神家の一族(2006年版) | トップページ | 2008年の締め記事 »