« ハッピーフライトその4 | トップページ | セレブと貧乏太郎その11 »

*あるくる

文字にすると「歩来る」みたいな「歩いてくる」と思われがちだが、そうではなく「歩いてる」という意味になる。こういう使い方は遠州弁っぽいのでおそらく方言かと推測される。

「あるってる」の記事でも書いたけど「あるってる」はシンプルに「歩いてる」というニュアンスだが「あるくってる」だと「歩き回ってる」といった感じのニュアンスになる。

ひたすら歩き回るとかだと「あるくりまわす」という表現になる。共通語だと「ほっつき歩く」であろうか。人に歩かせる場合だと「あるくりまわさす」とかになる(実際こういう表現滅多にしないけど)。無意味に歩いたみたいなニュアンスになるので「ハイキング行ってひたすらあるくりまわいたもんで足が痛い。」だとハイキング行って後悔してるような印象にとられる。楽しかったけど足が痛いやとか言いたい場合は「ハイキング行ってさあ、どがんこ歩くったもんで馬鹿足ん痛てえやあ。」とか行った方が無難である。

例文

「うちんとこのじいさまどこいきくさった?」

  (うちのおじいちゃんどこ行ったか知らない?)

「足ん萎えちゃかんつって外歩きい行ったにい。」

  (足衰えんようにって外へ歩きに行ったけど。)

「どんだけ前にい?」

  (どれくらい前に出た?)

「はあだいぶ経つかいやあ。」

  (もう大分前かなあ。)

「いやあ。どこぉあるくりまわいてるだかいやあ。」

  (もう~。どこほっつき歩いてるんだか。)

「あそこんさにめえるのおめえのじいさまじゃない?ほれ床屋の通りであるくってるぅの。」

  (あそこに見えるのあんたのおじいちゃんじゃないの?ほら床屋さんのある通りのとこ歩いてる人。)

|
|

« ハッピーフライトその4 | トップページ | セレブと貧乏太郎その11 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハッピーフライトその4 | トップページ | セレブと貧乏太郎その11 »