« 日米開戦と東条英機 その1 | トップページ | 三ちゃん農業 »

えへらえへら

要は「へらへら」なのだが浮かれてる度合いの違いによって使い分けられていると説明しても撥はあたるまいて。

「へらへら」は相手から見れば許しがたい状況での緊張感のなさに対する怒りを感じるが。

「えへらえへら」は納得いかないが多少は許せんでもない状態。

なので「へらへらしてんじゃねえよ」だと「気を緩めてるんじゃねえよ。」とか言う風になり「えへらえへらしてんじゃねえよ」だと「お楽しみはそこまでにしてそろそろ・・・」とかいったニュアンスの意味になることがある。

検索してみると「えへらえへら」おかしくもないことに締まりなく笑う様と辞書で載っていたので共通語ではあろうが遠州弁のニュアンスだと「へらへら」と「にしゃにしゃ」の中間的な使われ方をするということで記載。

同じような言葉で「にしゃにしゃ」という表現があるがこちらは満面の笑みといった勢いがあり「えへらえへら」は浮かれてる(はしゃいでる)といった趣となることが多い。ただし「えへらえへら」の後に「ちんたら」とかがついたら気を引き締めないと痛い目に逢う領域である。

例文

「相変わらずうれしそうだのえ。」

「んなことあらすかあ。いつだって平常心だにい わし。」

「いんやあ、きんのうにしゃにしゃしとったけど今日はえへらえへらしてるわあ。やあ、何いいこんあったでえ。」

「なんもねえよ。」

「うそこけえ。」

|
|

« 日米開戦と東条英機 その1 | トップページ | 三ちゃん農業 »

1-2・遠州弁え行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日米開戦と東条英機 その1 | トップページ | 三ちゃん農業 »