« ぶんむくれる | トップページ | なんちゃって禁煙・節煙中その6 »

とてもとても2008・CM

今年印象に残ったCmをまとめこうかと。Cmは短いので書くに当たって見直しての感想です。尚、静岡県で放映されたCmでの感想ですので全国的に通用する話しではありませんのであしからず。

*今一番インパクトが強く残ってるのが「なんで大和はうちゅなんだ?」。

あの大物感たっぷりに思わずもしそこに居合わせたら息詰まっちゃうだろうなと思わせる役所広司さんのオーラ放ち捲くりの存在感が凄くインパクトありましたです。そういう意味では「だいわはうちゅ」というボケではありますがどうやって笑えるんだ洒落にならんだろうという思いすらありますです。もちろん周りで腫れ物を触るような雰囲気を醸し出してるスタッフ役の皆さんの裏からの支えみたいなお芝居に拠るところも大なんでしょうけど。ただしロングバージョンに於いてのお話しでして通常バージョンだとその空気感が削がれている感じがしますです。

この大和ハウス工業のCmって毎回インパクト大でしかも笑っていいのかどうか不安になるシュールさを兼ね備えていて面白いです。

*ロッテ「ガーナミルクチョコレート・デコリフォンデュ編」

長澤まさみさんと榮倉奈々さんの仲のよさが直に画に映っている様で好感持てますです。もしこれがお互い完全に芝居として演じた上でこう思わせてるのだとしたら凄い役者さんだと言うことになると思いますが。多分お芝居じゃなく素の仲のよさからくるものだと思ってますしそうであって欲しいなと。

*損保保険ジャパン「ティアラ・ケーキ編」

どちらも素直に新垣結衣さん可愛いのえと思えるCmでした。メガネ姿も悪くない。

*ホンダ「ニューオデッセイ・パーキングチケット編」

ジョージ・クルーニーというお方ががんこ良い。なんでもない日常の景色なのについ見入ってしまう映画のワンシーンのような存在感と求心力が凄いです。日本人だと存在感がおありの方は沢山おられて海外に引けを取ってるとは思いませんが求心力という吸い込まれる引力を有するお方は日本では稀有の存在のような気がします。そういうことをまざまざと示してくれるかのようなCmでした。特に男性がそう思えます。

*ソフトバンクモバイル「白戸家の人々シリーズ」

なんといってもお父さんでしょう。アイデアの勝利という事もあるのでしょうが「カイ」の存在そのものが問答無用な感じです。何十年か経って昔話に花が咲くとしたらこのCm話しになりそうな勢いがしますです。

*リクルート「じゃらん」

猫だったらこれでしょうということで。特に癒されるとかではないのですがなんかインパクトある猫でした。ちなみに猫は「にゃらん」と自己紹介してました。

*トヨタ「オーリス」

こちらはリス。横断歩道を渡る甲虫を待つ姿が印象的でした。素直に可愛いなと。

*トヨタ「シエンタ」

あのしりとり唄が耳に残りました。原曲は横浜銀蝿の楽曲ということで青天の霹靂の印象です。お子ちゃま用に新たに作られたお唄と勘違いしてました。

*コンコルド「娯楽仮面コンケルド」

静岡県限定のCm。残念ながらお母さん役の深浦加奈子さんが鬼籍に入られ全話見ることが出来なかったとはいえ、中途半端な正義の味方が倦怠や退屈といった悪と闘う(悪霊を追い出す?)術(すべ)のゆるさが魅力のCmでした。最終話のオチが効いてただけに全部観たかったです。

話しが脱線しますが静岡県の特徴かどうかは知りませんが「タイホー」・「平和」そしてタナボタでお馴染みの「銀座会館」などパチンコ屋さんのCmが面白いです。今年は「銀座会館」の新作が少なかった風に思えたのは錯覚でしょうか。私はパチンコしないので景気の具合とかは知らないですけど。

*日本和装

「♪着物・着物・着物が着られる。これが私の勝負服♪」・「今日は特別な日?」・「特別じゃない日なんてないのよ。」軽妙なテンポの中で深いお話しで古いタッチのCmだけどなんか好きです。

*エネオス「ドクタードライブ」

ガソリンスタンドの普段の光景を点検(修理?)待ちで待ってるイチローさんの目線から描いたという風な構図。このお方ホント自然で気負いというものが全く感じられず、野球選手辞めても役者さんで食ってけるだろなあと思わせるCmでした。具体的にどういう役で観てみたいかということではないんですけどなんとなく。

*JTB「夏旅」

竹内結子さんが「マハロ~~~~~~~。」と言ってる間にフラッシュのようにハワイでくつろぐ光景が流れるという展開なのですが。竹内さんが放つ雰囲気がとてもよく現れていて和らいだ気にさせてくれたCmでした。

*ナイキ「ネクストレベルに行け」

完璧に選手目線で途中後退でピッチに入ってゲームに出場する疑似体験をしたみたいな展開でした。その臨場感は「プライベートライアン」を思い出してサッカーは合法的な戦争でピッチは戦場なんだなと思いました。

*資生堂「アネッサ」

蛯原友里さんのビキニ姿が綺麗だなと。モデルさんって服着てナンボだという穿ったイメージ持ってたんですけど水着でもお綺麗なんだと。モデルさんに対するイメージが変わりました。あくまで今年の話しで昨年の同じCmでの水着姿は痩せすぎだろうとは思っていました。そういう意味でも変わるもんだなと。

*NTTドコモ「705i・デザインで選ぶ編」

動物園のベンチで彼氏選ぶ基準はと問われて「う~ん。デザインかな?」と応えた蒼井優さんの自然なお芝居が理由もなく印象深かったです。瑛太さんもよかったですたい。

*ドコモ「高校生の始まり編」

清水くるみさんというお方の素朴さが心地よかったです。性は異なるんですが自分の当時の頃の期待と不安のドキドキ感を思い出させてくれる勢いを感じました。

とりあえずざっと見直して、今観て印象深いのを列記してみました。他にはカロリーメイトでの香椎由宇さんの「なに?え?」とかいう表情もよかったです。結構何度も重複して録画してあるCmとかもあってインパクトあっても直ぐ忘れちゃうんだなという印象薄いと思えたものは書きませんでした。今年の特徴はオリンピックイヤーということもあって卓球の愛ちゃんのCmが多かったのと、静銀・はましん・えんしん・清水銀行・静岡県の信用金庫ですとかいった銀行のCmが多かったなあということ。JAバンクとか全国規模の銀行とか入れるとなんで急にCm増えてるんだという思いがありますです。あと某宗教団体のCmとかも頻繁に昼間とかで流れてましたねえ。静岡新聞もひょんきんなCmかましてましたし。深夜帯は金ちゃんヌードルと焼きソバ・キャべジン・ウナコーワが頻繁に流されてた記憶がありますです。アダルトなDVD販売のお店のCmもありましたです。ネットとかの通販が盛んになってレンタル店とかも含めてお店の数が減少傾向にある中でCm流せるというのは深めに考えると深いです。

個人的にはガールズで樹里ちゃん・罪子・水月蓉さん・ひらっち・眞島秀和さんがCm出演されとられるのを見ました。樹里ちゃん確実に数増えてます。その反面今年はしほりん・ユイカ・かつをと言った面々のCmは見れませんでした。かつをは米国留学中ですのでともかくとしてしほりんとユイカは意外ではありました。別にCmに出る出ないで役者さんの力量に変化が生じるわけではないのですが活躍されるに越したことはない筈ですので期待しますです。

長澤まさみさんは今年はカルピスのCmで幼稚園児とのシーンが印象的でした。

|
|

« ぶんむくれる | トップページ | なんちゃって禁煙・節煙中その6 »

2・コマーシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぶんむくれる | トップページ | なんちゃって禁煙・節煙中その6 »