« ブラッディ・マンデイ 1~10話まで見直して | トップページ | *けっぱらう »

とてもとても2008・10月~12月

気がつけば師走突入。まだ終わってないドラマもあるけど何かと一年を振り返ってということも書こうと考えているので早計ではあるけどこのクールのドラマの感想のまとめをば。

このクールのドラマの感想残し続けてるのは、セレブと貧乏太郎・チーム・バチスタの栄光・ブラッディマンデイ・流星の絆の4作品。いつもより少なかったかなあ。

夢をかなえるゾウは佳境に入るにつれて主人公の望みが男の私とは食い違うのでしんどくなってきたゾウ。トンスラはテレビでやってくれてたらお気に入りに入れたいくらいだけれど地方の悲哀で放映なし。日テレHPの映像で拝んだだけで雰囲気味わった程度で残念無念。ルームオブキングは全話一応見てたけれどよくわかんなかったです。

もう事ある毎に書いてますけどNHKのアナログ表示しっぱなしに納得いかないので感想残しはしていないけど「ジャッジⅡ」は秀逸だったなあ。でもやはりあの画面は好きくないので論外とするのであります。勝手な想像で根拠無いいいがかりみたいなもんですけど、あれでなんかのドラマの賞とかに出品する時はそんな見苦しい表示外して審査員に提示するんだろうな。ちゃんと受信料払って見てる人間と同じもの(アナログ・NHKG)を表示してくれないと真の評価にはならんだろとやっかんでおります。

でつまるところ、この時期の連続ドラマは量的には腹八分目以下という勢いを感じました。もちろん沢山放映されておられますけどまったく食指が動きませんでした。噂を聞いて見りゃよかったと歯軋りすることもなく、テレビ視聴率とか新聞とかに載ってるのを見ても高視聴率のブームを呼んだという作品もなく。

ちなみに安定したシリーズ作については王道は苦手なたちなので殆ど見ておりませんです。黙っていてもいいものはいいのでしょうから。だからこそ多くの人から評価を得て続編が作られるのでしょうから私みたいなひねくれ者がなんか言っても負け犬の遠吠えみたいなもんですから。それに夜8時9時はリアルタイムじゃ観れないし。余程食指が動かないと安定したものは別にいつでも観れそうでなんかまあいいかなと思ってしまう。

でも質的には異存のない作品があって不作という勢いではなかったです。上戸彩さんのキャラクターの安定感を味わえたセレブと貧乏太郎。映画版を観た繋がりで興味を持って観たら仲村トオルさんが光ってたチーム・バチスタの栄光。松重豊さんだけが頼りでかろうじて観続けていたら三浦春馬さんの良さが分かってきたブラッディマンデイ。それぞれ役者さんのパワーが光っていて愉しかったです。物語性で釘付けになったのは流星の絆くらいなものでしたがとにかく役者さんを観るのが愉しかったです。

順位付けするのは本意ではないのでいつもそう言う書き方はしないんですけど、流星の絆は原作・脚本・役者三拍子揃った作品に思えましたな。足りないものは特になしって勢いでしたねえ。TBSのドラマ褒めるなんて私にしては大変珍しいことなんですが良いものは良いですわ。

面白い基準なぞ明確には存在しないのだろうけど私の判断基準で示すと

1・厭な事を忘れさせてくれる作品

このクールではなかったです。

2・明日に向かう活力をくれた作品

途中までなら「夢をかなえるゾウ」が該当するかな。

3・放映時間が待ち遠しい作品

「流星の絆」・「チーム・バチスタの栄光」だろうかしらむ。

4・真面目に生きようと観て思った作品

論外だった作品かな。

5・セリフにはまった作品

「夢をかなえるゾウ」の「自分なあ」と土佐弁。「チーム・バチスタの栄光」の白鳥がうっちーを茶化す様々なフレーズ。

6・諸々上手いなあと思った作品

「流星の絆」・「ブラッディマンデイ」・「夢をかなえるゾウ」かしらむ。それぞれの役者さんが上手いなあと。「流星の絆」はそれに硬軟のメリハリ具合が破綻してなくて凄いなと。

7・勉強になった作品

「夢をかなえるゾウ」かな。

8・目の保養になった作品

「流星の絆」の多分4話か5話のいずれかでの陽が昇りきらぬ朝凪の中で海辺の堤防の上を静奈が泰輔の背中を後押ししてるみたいに歩ってたシーンの画がけっこかったです。

以上。そう考えていくと「夢をかなえるゾウ」はポイント高く「流星の絆」が次に続く勢いですな。漠然とした印象だと「流星の絆」の方が高いんですけどその違う理由は後半部分で女性の夢は私の夢と同じじゃ決してないからということによるものでしょうや。

|
|

« ブラッディ・マンデイ 1~10話まで見直して | トップページ | *けっぱらう »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラッディ・マンデイ 1~10話まで見直して | トップページ | *けっぱらう »