« *しらなんだ | トップページ | 2009年始めの記事 »

2008年の締め記事

色んなブログとか巡ると格好良く今年一年の締めの記事が踊ってる。

虚礼廃止を貫いて数十年。年賀状すら放棄してる社会性の欠如した私だが、ブログでは別人格に変身してるのであろうか、自分も追随せんと書き出したんだけれどとりとめがなくまとまらない。この方が自分らしいか。付け焼刃に意義は無いのだろうな。

ところでそんなこんなことの連続で下書きが随分と溜まったもんだ。書いては飽きて書いては結論無くて。幾つあるんだと数える気力すら失せる量。

世間はなにかと底冷えが厳しいが、夏はバテ、冬は風邪で年がら年中おうじょうこいた。健康が資本というのが身に沁みた一年だった。

年の初めに誓った願いで成就できたのは、ブログ続けた・ハッピーフライト観れた。達せられなかったことの方が多いけど最後しみったれた事書いてもせんなきこと。忘れてしまうが年忘れ。いい事だけで年またぎ。

自分は萎んでたけど世間様からは愉しさをいただきました。一番愉しんだということでいえば

読み物としてのブログでは松重豊さんの「修行が足りませぬ」が一番愉しみだったな。

映画はやっぱ矢口監督の「ハッピーフライト」だよな。

テレビドラマだと「パズル」かな。

本は物置から引き摺り出して星新一作品群を読み返したことかな。

音楽は堺正章さんの「忘れもの」よく聴いてたなあ。

Cmは「娯楽仮面コンケルド」がなんやかやあったけどインパクト一番だろうかなやっぱ。

ホント自分はなんだかなあでしたが世間からは愉しいものを享受させていただいた一年でありました。だからこそそういう頑張っておられる人の足を引っ張ることのないよう注文という名の批判ではなく応援していけるが理想かなと。生きてさえいれば愉しい事に出会えるもんですな確かに。

それでは、よいお年を。

|
|

« *しらなんだ | トップページ | 2009年始めの記事 »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *しらなんだ | トップページ | 2009年始めの記事 »