« セレブと貧乏太郎その5 | トップページ | 公開記念のスペシャル番組 »

*いれかしてやらん・いれかさん

入れてあげない・入れさせないという意味になる。ニュアンスを厳密に訳すと入れてあげることはやらない。

「~かして」と言う表現は「~させて」という訳にするのがスムーズではあろう。

共通語でも「やらかした・しでかした」と言う表現もあるがニュアンスは異なる。イントネーションも違う別物であろうか。

ちなみに遠州弁での使い方は「あいつにやらかしたらえらい目に逢った。」(あいつにやらせたらえらい目に逢った。)

なので「やらかしてやっただにやらかしやがって。」(やらせてやったのにやらかしやがって。)という表現も存在する。

「いれかさん」は打ち消しの表現で遠州弁での「やらかした」を打ち消すと「やらかさん」となるのと同じであろう。

「しでかした」は「しでさせて」なんていう表現はないので遠州弁でも共通語と同じ意味でしか使わない。なので「しでかさん」という打ち消し表現もない。「しでかさん」だと古文的な「しでかさんと欲す」みたいなことになる。古い言葉が比較的残ってるのが遠州弁の特徴ではあるが、さすがにこんな表現を普段使うことはしてない。

例文

「まぜて。」

  (仲間に入れて。)

「おんめえすぐちゃっと帰るでいれかしてやらん。」

  (お前は直ぐそそくさと帰るから入れてあげない。)

「そんな冷たいこといわんだっていいじゃんかあ。」

  (そんな冷たいこと言わないでさあ。)

「おっかさこわい衆にゃ無理だって。」

  (愛妻家には無理だよ。)

注、「おっかさ怖い衆」を「愛妻家」と訳したのはご愛嬌。

|
|

« セレブと貧乏太郎その5 | トップページ | 公開記念のスペシャル番組 »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セレブと貧乏太郎その5 | トップページ | 公開記念のスペシャル番組 »