« 流星の絆その3(第4話) | トップページ | *あったあきた »

スウィングガールズテレビ放映すっぞ

テレビで初放映された時にはガールズ達が集まって前夜祭とか催して盛大にやってたけど。さすがに今回はないみたい。もっともテレビで放映するからと言って再集結したこと自体珍しいことだったらしいのですけどDVD発売ってのでも皆集まったくらい口実さえあればこの世界にいたいと願った人達とそれを観たい人達が共にいるってのは事実でしょう。

ただ前夜祭イベントの抽選では見た目重視で若き女子ばかりが観覧希望の当選を果たし、ファンとして支える熱狂的オヤジは排除の憂き目に逢いそれでも当日もしかしたらと出待ちしておっさんを見るテレビ局のスタッフさんの目が冷たかったという話しもどこぞで読んだこともありました。

ファースト&ラストコンサートの客層を見ればターゲットがどういう世代か一目瞭然なのにテレビと映画は客層は異なるということが前提にあるかのようです。

でも若い人のついこの間とオヤジ連のついこの間は周期が異なりSGはオヤジにしてみればついこの間のことなのです。4年と言う月日は確実に演者さんにとっては随分昔のことでしょうが私にとっては現在進行形のことなのであります。だからといって再度集結してまた演奏してくれなどと希望するつもりはありませんですが、4年経って主演者に今この映画をどう思っているのかとかいうインタビューとかでも入れてくれたらいいのになあと思った訳です。おそらくないでしょうけど。

ところで矢口作品、夏はウォーターボーイズ(WB)、冬はスウィングガールズ(SG)って棲み分けが出来つつあるんでしょうか。WBはひと夏の世界でもろ夏一色で依存は無いですけどSGは夏と冬共に描かれていて決してウィンター映画と言う訳でもないんですけどね。個人的には夏のイメージの方が強いのかも。

ブルーレイでもこないだ発売されたし(まだ機械がなくて買ったけど観れて無いけど)普通のDVDでも一時期のはまりまくりの頃よりは観なくなったとはいえ年に数度は相変わらず観てしまうので特に土曜プレミアムで観れることを待ち望んでいるという感じでも無いんですが。来るべきハッピーフライトの為の景気づけという意向はあるのでしょうけど、多くの人に知って欲しい。そして色褪せることの無い映画であることを知らしめて欲しいと思ってますです。

今能天気に観るとしたら、やっぱし数年を経て成長した樹里ちゃんやしほりん・ユイカ・ひらっちが同じ場所にいたという新たな感慨に耽れることが第一になるのかしらむ。どうせやるなら副音声でオーディオコメンタリーの方使えばいいのになあとも思ったりもしますです。

追記

いやあ結局最初から最後まで観ちゃいました。ジャッジⅡほっぽって。やっぱいいよなあ相変わらず色褪せていなくて。プレゼントがあるって言うんで、え?何?って期待したけどブルーレイプレゼントってもう買ってるわいな。演奏の音が若干違って聞こえたのは耳のせいかしらむ。

|
|

« 流星の絆その3(第4話) | トップページ | *あったあきた »

2・スウィングガールズ関連」カテゴリの記事

3・矢口史靖作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 流星の絆その3(第4話) | トップページ | *あったあきた »